Sponsored Contents

todayの最新記事

Image credit:
Save

2014年9月12日、接続先をダイヤルで切り替えられるBTキーボード「K480」が発売されました:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、ニュース、記念日など、気になった話題をピックアップ

今日は何の日?
2019年9月12日, 午前05:30 in today
31シェア
9
22
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View
スマートフォンやタブレットでの文字入力に、PCで使っているキーボードがそのまま使えれば便利なのに......と考えたことがある人は少なくないハズ。そんな人達が歓喜したロジクールのキーボード「K480」が発売されたのが、2014年の今日です。

1つのデバイスとしか接続できないBluetoothキーボードを複数のデバイスで共有したい場合、別のデバイスへと切り替えるたびにペアリングの解除と再設定が必要で、あまり現実的ではありません。最初から複数のデバイスを切り替えて使えるキーボードであればこの手間がないわけですが、悩みとなるのがその切り替え方法。多くの製品はショートカットキーや背面のスイッチ切り替えなどで行うため、今、どのデバイスとつながっているのか分かりにくい、頻繁に切り替えるのに向いていないといった問題がありました。

その点「K480」はユニークで、キーの左上に1~3までの数字が書かれたダイヤルを装備し、このダイヤルを回すことで接続先を変更できるというのが特長です。ひと目でどのデバイスと接続しているのかがわかるうえ、切り替えも簡単。同時に複数のデバイスを使いたい人にはまさにピッタリな製品でした。

today

さらに、キーの奥にはスマートフォンやタブレットを立てられる溝があり、スタンドとしても活躍。メールや書類作成はPC、SNSはスマートフォン、予定やメモはタブレットといったような同時利用をしたい場合でも、キーボード周りでコンパクトにまとめられるのが便利です。

残念な点といえば、本体重量が820gとかなり重たいこと。スタンドとして使ってもひっくり返らないためだとは思いますが、このコンパクトなデザインで持ち歩けないのはもったいないですね。

なお、スタンド不要で軽いキーボードが欲しいというのであれば、「K380」という製品をチェックしてみるといいかもしれません。切り替えがダイヤルではなく、専用ボタンになりますけど。

today

9月12日のおもなできごと

2002年、カプコンがXbox用ゲームソフト「鉄騎」を発売
2013年、キヤノンがF1.8レンズ搭載の「PowerShot S120」を発売
2013年、キヤノンが高機能コンデジ「PowerShot G16」を発売
2013年、パナソニックがミラーレス一眼「LUMIX DMC-GX7」を発売
2014年、ロジクールが3台の機器に対応するキーボード「K480」を発売




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: bluetooth, K480, keyboard, logicool, today
31シェア
9
22
0

Sponsored Contents