Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

触れると惚れるiPhone 11 Proの磨りガラス調背面 Apple新製品 実機の感想

最もインパクトあったのは…?

矢崎 飛鳥, @ACCN
2019年9月11日, 午後05:45 in apple
71シェア
4
67
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View

クパチーノのスティーブ・ジョブズ・シアターにて、このたびAppleが新しく発表しましたiPhone 11シリーズを始め、新製品のすべてをエンガジェット日本版ACCN編集長が実際に触れてきました。各モデルの仕様などは、すでに上がっております記事をご参照ください。


Engadget
▲毎度のことですがハンズオン会場は込み合っており、1モデル数分ほどしか触れることはできないのですが、しっかりと印象を焼き付けてまいりました。

正統進化のiPhone 11

iPhone XRはiPhone XSシリーズの廉価版的位置付けという印象でしたが、今回の基調講演では「ハイエンドなスタンダードである」ことが強調されていました。 Engadget
▲手に持った感じや画面の印象はiPhone XRとほとんど変わりません。XRよりガラスの強度が増したとAppleは説明していますが、具体的にどの程度なのかは聞くことができませんでした。

Engadget
▲ひっくり返して背面。2眼になった点が外見上最もXRと異なる部分。3眼のProシリーズとも趣が異なります。

Engadget
▲REDモデル。これまで同様、全カラー光沢仕様です。やはり、今回は(も)カメラがポイント。 iPhone 11はXR登場時よりさらに安い価格設定がなされました。最も多いカラーバリエーションで展開する飾りのないナンバリングモデルとして認識を広め、「より特別なものを求める人へ」としてProシリーズの披露へ続いたわけです。もちろん、それには「iPhoneは高い」という印象を払拭する狙いがあると思います。

iPhone 11 Pro(Max)の新感覚

iPhone 11 Proシリーズは、XSシリーズの後継として、同じく5.8インチと6.5インチのMaxがあります。今回、新色"ミッドナイトグリーン"が追加されました。


Engadget
▲左がMax。正面から見た感じはXSシリーズと大差ありませんが...

Engadget
▲背面。重厚感あります。ガラスは磨りガラス調になり、雰囲気がこれまでとかなり異なります。スクラッチ耐性も増しており、コインで擦っても傷が付かないと説明員の方が話していました。

Engadget
▲カメラ周りもガラス1枚からできているというこだわりよう。

Engadget
▲手にしてみると、その高級感が伝わってきます。

Engadget
▲側面は艶あり深緑。 iPhone 11は、背面以外はXRと同質ですが、11 Proはいずれも触った瞬間「XSとは違う感」がほとばしります。この質感を大事にしたいためか、Apple純正で、これまでXRにしかなかったクリアケースが追加されました。 バッテリー内蔵の純正ケースは、現時点ではラインアップされていません。バッテリー駆動時間が4〜5時間、延長されたためでしょう、まぁ追って出る可能性もありますけれど......。

なお、11 Proシリーズは3D touchは非搭載となりました。詳しくは上記しましたスペック比較の記事をご覧ください。LINEのこっそり既読ができなくなるなんてレスもありましたが、私はそういうこと気にする器ではないので問題ないと思っています。

iPadのエントリーモデルはAir寄りに

今回、噂は出てはいたものの、多くの人が半信半疑だった10.2インチiPad。その正体は、9.7インチのリプレース版でした。内部スペックはさほど進化してませんが、外装を部分的に現行のAir(従来のPro......ああ、ややこしい!)に合わせることで、周辺機器のコンパチビリティーを高めています。

Engadget
▲画面はAirやProシリーズと比較し、若干"奥まっている感"ありますが、比べなければ気になりません。出荷時、iPadOSがプリインストールされています。

Engadget
▲スマートコネクターを搭載。これでiPad miniを除く全モデルがApple純正のキーボードカバーを利用できることになります。

Engadget
▲キーボードとApple Pencil(第1世代)はAirと共通。ロジクールのクレヨンも利用できます。

Engadget
▲セルラー版のアンテナ周りは、AirやProとは異なり旧来のデザインとなっておりますが...

Engadget
▲eSIMにも対応しておりました。

Engadget
▲ちなみにSIMカードスロットは右側面下部にございます。

Engadget
▲フルセット。Airと見分けが付きにくいですが、本体の厚みは若干増していますので、サードパーティ製のアクセサリーは互換性に注意が必要です。保護フィルムも専用のものが必要でしょう。

チタン? セラミック? Apple Watch Series 5

Apple Watchは、デザインは大きく変わりませんが、新しくチタン製のボディーが登場しました。Engadget▲同じチタンのブラック。個人的には、ブラックボディーはバンドのバリエーションに乏しい気がするのですが、余計な散財をしないで済むというメリットもあります。

また、時計を常時表示できるオールウェイズ・オン機能が備わっています。ほかの具体的なアップデートは、以下の記事をご覧ください。


Engadget
▲最も高価なセラミックモデル。チタンより重たいですが、スクラッチに対する耐性は最も高いとのこと。なお、かつてあったブラックはなく、ホワイトのみとなります。より特別なものを求める人へ(流用)。

バンドの新色もたくさん登場。Apple Storeで様々な組み合わせを試着すことができるようになるので、まずは検討しに行かれてはと思います。


以上。ごく短時間でしたが、熱いひとときをスティーブ・ジョブズ・シアターにて過ごさせていただきました。荒削りな部分はご容赦いただき、まずは臨場感だけでも伝わりましたら幸いです。

Engadget

もちろん、実機の詳細なレビューも順次アップしていきますので、引き続きエンガジェット日本版にどうぞご注目ください。個人的には......。

おまけ

開場前、3キャリアの幹部とツーショットに成功! 第4のキャリアの方はいらっしゃいませんでした......。

Engadget​​​​​▲左上からKDDI高橋社長、ドコモ吉澤社長、下、ソフトバンク榛葉副社長。各キャリアから新iPhoneはもちろん、iPad、Apple Watchの案内もすぐにあることでしょう!




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

71シェア
4
67
0

Sponsored Contents