Sponsored Contents

802.11axの最新記事

Image credit:
Save

WiFi 6認定プログラムが正式に開始。iPhone 11 / 11Proも対応の高速無線LAN標準

WiFiルーター買い換えの際はWiFi 6対応をどうぞ

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年9月17日, 午前08:50 in 802.11Ax
367シェア
27
340
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

無線LAN製品の普及促進を図る団体WiFiアライアンスが、次世代高速無線LAN規格「WiFi 6」の認定プログラムを正式に開始しました。

WiFi 6規格の正式な名称はIEEE 802.11axです。しかし、このような記号的な名称は一般の人々には覚えにくいものです。そこでWiFiアライアンスはそれが第6世代のWiFiだとわかるよう、(モバイル通信の5Gと同じように)「WiFi 6」と通称することにしています。

WiFi 6がこれまでのWiFi規格と異なるのは、数Gbpsという高速な通信速度を可能にするとともに多数のクライアントが同時に使用した場合でも速度低下が少ないこと。これまで、非常に多くの人々が集まるスタジアム、混雑した駅や空港などで公共無線LANを使用したとき、その通信速度のあまりの遅さに困った経験を持つ人は多いはずです。

また、家族の多くがスマートフォンやタブレット、ノートPCを使い、ゲーム機やタブレット、スマートスピーカーなどでも動画や音楽ストリーミングをよく使う家庭では、すでに1ダースものWiFiデバイスが稼働している可能性があります。

802.11ax、つまりWiFi 6では、そのような多数のユーザー/デバイスがネットワークにぶら下がる環境下でも、一人当たりの平均スループットが低下しにくいという特徴を備えます。

すでにWiFi 6対応をうたうWiFiルーターなどのネットワーク製品は国内でも販売が始まっています。またスマートフォン製品としてはサムスンのGalaxy S10の海外版が世界初のWiFi 6対応スマートフォンとして少し話題になったりしていました。

ただ、今週のWiFi 6に関する最も大きなニュースは、おそらく公式に認定プログラムが開始したことよりも、iPhone 11 およびiPhone 11 Pro / Pro Maxが発売になるということかもしれません。アップルの最新スマートフォンはWiFi 6をサポートしています。つまり、これらのiPhoneを予約した人たちは、すでにWiFi 6デバイスを手にすることが決まっているというわけです。

もちろんiPhone 11だけではWiFi 6の恩恵は受けられないものの、これから購入するWiFi製品をWiFi 6対応のものに置き換えていけば、その効果を実感することができるようになっていくことでしょう。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

367シェア
27
340
0

Sponsored Contents