Sponsored Contents

iphoneの最新記事

Image credit:
Save

iPhone 11 / 11 Pro、子供を撮ってわかった飛躍的カメラの進化。実機先行レビュー(石川温)

iPhone XS Maxと比較

石川温
2019年9月17日, 午後07:02 in iphone
229シェア
38
191
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View
iPhone 11とiPhone 11 Pro Maxを数日間、使ってみた。

感想を一言でまとめるとするならば「子供もしくはペットがいる人は間違いなく買い」という感じだ。特に超広角(35mm判換算で13mm相当)のカメラは超楽しい。

いままでのiPhoneにはない画角で撮影でき、景色と子供を一緒に画角に収められることがこんなにも便利で素晴らしい写真になるとは思いもしなかった。

engadget▲iPhone 11シリーズは全機種13mm相当の超広角カメラを搭載する

engadget
▲広角

engadget
▲超広角。景色をより広く写せる

通常、カメラを起動すると広角(35mm判換算で26mm相当)になっている。動きの早い我が子(2歳11ヶ月)を撮影する際、表情はいいものの「顔をすべて収めることができなかった」ということが多々ある。じっとしていないので、どうしても顔が切れてしまうのだ。

今回もiPhone 11 Pro Maxを使っていて、そんなシーンが多々あった。

撮影後、写真アプリで何気なく写真を見ていたら、顔が切れていたはずの写真が見事に顔がほとんど写った状態になっていた。「これ、どういうことだ」とチェックしてみたら、写真の上に「自動」という文字があり、オンの状態になっていた。試しにオフにしてみたら、顔が切れた写真に切り替わった。

今回のiPhoneは、広角で撮影している際に、同時に超広角でも撮影し、フレームの外側も保存しておいてくれるモードがある(設定でオン・オフできる)。

engadget
▲広角で撮影している際にも、超広角カメラで同時に撮影。顔が切れていたりすると自動で超広角の作例に切り替わる

このモードで撮影しておくと、後々、写真の傾きなどを直したい時に、広角ではなく、超広角で撮影した写真で修正できるというものだ。スペシャルイベントの取材時に、そうした話を聞いていて、便利だと思う反面、「そんなに使うことはないかな」と思っていた。

しかし、広角で撮影を試みるも、動きが早くて顔が切れてしまった子供の写真が、同時に撮影されていた超広角の写真で見事に顔全体が復活するとは驚いた。

しかも、iPhoneの機械学習が自動的に判断し、顔がきっちり写っている写真のほうを優先して表示しているという頭の良さにもびっくりだ。
 
もうひとつ、子供の撮影カメラとして気に入っているのがポートレートだ。

去年までのiPhoneは、ポートレート撮影時、ちょっとズームになるので、画角が狭く、人物だけを捉えるようになっていた。

今回からは、ポートレート撮影時にズームだけでなく、等倍での撮影が可能となった。これにより、周りの景色を入れた状態でのポートレートが可能となり、よりその場の雰囲気を反映したポートレート撮影ができるようになったのだ。

engadget▲等倍でのポートレート撮影に対応し、雰囲気のある作例を撮影可能になった

また、これまでのiPhoneは他社のスマホに比べて暗い場所での撮影がイマイチであった。iPhone 11 Pro Maxでは、ナイトモードが追加された。試しに寝室で子供の寝顔を撮影したら、あまりの明るさに驚いてしまった。iPhone XS Maxではほぼ真っ暗にしか撮影できなのに比べたら雲泥の差だ。

engadget
▲先代の「iPhone XS Max」で撮影

engadget
▲同じシーンを「iPhone 11 Pro Max」で撮影

操作性においても、動きの速い被写体に適した使い勝手が追加された。

静止画を撮影している際、画面上のシャッターボタンを単押しするが、そのまま長押しすると動画の撮影が始まり、離すと撮影がストップ。指を離さず横にずらすと、動画モードに切り替わるというユーザーインターフェースが導入された。

子供を撮影していると、とにかく「動きが可愛いから動画のほうがいいかも」と思うことが多い。しかし、従来の操作性だと、静止画と動画のモード切替がちょっと手間だったりした。

今回、追加された操作性により、動画への切り替えがとてもスムーズにできるのが便利なのだ。

iPhone 11やiPhone 11 Pro Maxを持っていると、とにかく子供の写真を撮るのが楽しいし、ついつい枚数を多く撮ってしまいがちになる。

アップルは「撮影に集中できるカメラ」を目指しているようで、余計な設定や操作が不要で、誰でも簡単に綺麗な写真が撮れるように腐心しているようだ。まさに、iPhone 11やiPhone 11 Pro Maxは目の前にいる被写体に集中でき、ちょっとミスしても復活できる機能が備わるなど、子供やペットの撮影に最適なスマホと言えそうだ。





「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

229シェア
38
191
0

Sponsored Contents