Sponsored Contents

Apple watchの最新記事

Image credit:
Save

Apple Watch Series 5はまた一歩完成形へ。iPhone以外のスマホで使える未来が見えてきた(本田雅一)

先行レビューをお届けします

本田雅一, @rokuzouhonda
2019年9月18日, 午後07:01 in Apple watch
119シェア
29
90,"likes":112
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
9月20日に発売となるApple Watch Series 5(以下、Series 5)。それに先駆け、実機に触れる機会が得られたのでレビューをお届けします。

と、その前に。Series 5を見て「ディスプレイが常時表示になっただけ?」、「これってマイナーチェンジ?」と感じている方がいるかもしれません。それは当たらずと雖も遠からず。

ディスプレイの常時表示に関する技術的な背景は、発表時のコラムにて紹介しているのでそちらを参照ください。簡単に言えば、OLEDを日本ののメーカー製に変更し、ドライバチップも変えてリフレッシュレートを下げたら、消費電力が下がって常時表示が可能になった......ということです。

applewatch

さっとチラ見しただけ時刻を知ることができる。極めて単純で、しかも時計としては基本的な機能がやっと第5世代で実現されました。いや、本当におめでたい?

いやいや、SamsungのGalaxy Gearなど、ディスプレイの常時表示を実現していたスマートウォッチ製品はこれまでもありましたから、"やっと"と言うのが正しいかもしれません。

それにディスプレイの常時表示を実現したところでバッテリ駆動時間が実質的に短くなっているならば、それはむしろ傍迷惑な話でしょう。しかし結論から言うと、体感的なバッテリ駆動時間はApple Watch Series 4(以下、Series 4)とほぼ同じ。むしろ少し長いと感じるほどです。

AppleがSeries 4をSeries 5へと置き換えディスコンにしたうえで、低価格のエントリーモデルとしてApple Watch Series 3をラインナップに残しているところから考えても、Series 5はSeries 4のアップデート、あるいは"完全体"と捉えるのがいいでしょう。iPhone Xに対するiPhone XSといいましょうか。後出しじゃんけんであることを理解したうえで表現するなら「Series 4はSeries 5を目標に開発されていたのかも」なんて思いますね。

コンピュータとしてのSeries 5。アップデートの詳細は?

さて、まずはSeries 5のコンピュータハードウェアとしての側面から見ていきましょう。

外観は初めてのフルモデルチェンジだったSeries 4をそのまま踏襲。搭載されるデュアルコアのマイクロプロセッサも処理能力は同じです。Apple Watchは「System in a Package(SIP)」を用いてシステムの機能を統合しており、Series 5のSIPは「S5」、Series 4は「S4」です。SIPに封入されているデュアルコアのマイクロプロセッサは、S4とS5でまったく同じということでした。(名称は変わっているのに処理能力は同じなの!? という苦情はAppleに言って下さい。)

ただし、S4とS5にはプロセッサだけが封入されているわけではありません。今回アップデートされているのはフラッシュメモリの容量。16GBから32GBへと増量されています。これによりApple Watchに同期しておく音楽や写真の量を増やすことができますが、たいていの人は容量16GBでも充分じゃないでしょうか? ということで、体感的な違いはないでしょう。

実際にはS5になったことで内部が細かく変更されているようですが、もっとも大きな変化は前述したフラッシュメモリ容量の倍増と、電子コンパスの搭載です。

applewatch

電子コンパスについては、星座をガイドしてくれるARアプリや、美味しいお店を教えてくれる米国版食べログのようなアプリなどの利用時に方角を教えてくれるといったもの。これらが本格的に活用されるのは、少し先のことになるでしょうけれど、個人的にはマップで方向がわかりやすくなったことが大きな利点でした。

また、ディスプレイの常時表示を実現するため、OLEDのリフレッシュレートを1Hzまで落とせるようにするドライバチップについても、パネルメーカーの変更もあって違ったものになっているはずです。

新ケース素材は軽量なチタンケースに注目

applewatch

一方、時計としての存在感を語るのであれば、Series 4でいったんは廃止となった高級ライン「Apple Watch Edition」について考えるべきでしょう。

Apple Watch Editionに用意されるケース素材はセラミックとチタン。セラミックはホワイトのみ、チタンはナチュラルカラーとスペースブラックとなります。アクティブなシーンで使われることも多いApple Watchだけに、本体の重さは気になるところですね。各素材ごとの重さを比較してみると以下のとおり。
  • アルミ(40mm / 44mm):30.8g / 36.5g
  • ステンレス(40mm / 44mm):40.6g / 47.8g
  • チタン(40mm / 44mm):35.1g / 41.7g
  • セラミック(40mm / 44mm):39.7g / 46.7g

アルミケースのApple Watchはイオン加工で強化したIon-Xガラスが採用されていますが、他モデルはすべてサファイアガラスとなります。新登場のチタンモデルがサファイアガラス採用で、価格面でもステンレスモデルに対して1万円差(40mmモデル)に収められている点をどう評価するかがポイントですね。

ちなみにチタンケースはブラシ処理によるヘアラアイン仕上げ。スペースブラックには経年変化に強いダイヤモンドライクカーボン(DLC)コーティングが施されています。このコーティングは、これまでステンレスケースのスペースブラックで用いられていたものと同じです。

ところで、セラミックケースモデルは以前から、ガラス面とケースのが合っていないのが気になっていましたが、今回もそれは同じ。若干の段差がありセラミックの表面のほうがほんの少し高いのです。Appleは"加工上の制約"としていますが、あるいは強度を確保した上でApple Watchのシステムを収めるには、外形を大きくする必要があるのかもしれないですね。

applewatch

アルミケースに専用カラーのバンドとウォッチフェイスを組み合わせたNikeモデル、ステンレスケースに専用バンドとウォッチフェイスを組み合わせたHermèsモデルが用意されるのは従来と同じですが、Hermèsモデルは伝統の的スタイルをプリントした新しいレザーバンドが加えられたうえ、本体のカラーリングにスペースブラックが追加されました。

個人差はあるでしょうが、スポーツウォッチ的に使うならばアルミ一択。スポーツウォッチとして使いながらも、ガラス面やケースの質感を重視するならチタンのスペースブラック、唯一無二の価値観をというならセラミック。スポーツでの用途を考えないならば、サファイアガラスとなるステンレスモデルでしょうか。このあたりは好みと予算次第ですね。

日本国内すべてのApple Storeとオンラインストアに「Apple Watch Studio」を設置

applewatch

これまでのApple Watchは本体とバンドを組み合わせた基本モデルを選び、そのうえで必要ならば好みのバンドを追加購入してください、というスタイルの販売方法でした。

しかし、すでにオンライン上で提供済みのApple Watch Studioが、9月20日からは全国のApple Storeでも開始されます。これは好みのApple Watch本体と、好みのバンドをその場で選ぶと、好きな組み合わせでパッケージングしてくれるというもの。まずは基本の組み合わせで揃えてから、好みのバンドを買うといった手間や予算の無駄がありません。

ただし、現行品同士の組み合わせは自由なのですが、Hermèsの本体にはHermèsのバンド、Nikeの本体にはNikeのバンドしか選べない点は注意する必要があるかもしれません。いずれにしろ、好みのバンドとの組み合わせで最初から購入できるのは喜ばしいことですね。

高級モデルはセルラー対応で統一。国際緊急通報に対応

アルミケース採用モデルには、携帯電話ネットワークへの接続機能(セルラー機能)非搭載モデル(GPSモデル)が用意されますが、それ以外のモデルではすべてセルラー対応(GPS + Cellularモデル)のみとなりました。Apple Watch Editionに3つのバリエーションが追加され、Hermèsモデルにスペースブラックが追加されたといった背景もありますが、主流をGPS + CellularモデルにシフトしたいAppleの意図が垣間見えます。

しかし、これは単にSKUを減らし、物流コストを安くすることだけが目的ではないようです。

applewatch

もともとApple Watchにはサイドボタンの長押しでSOS発信や、メディカルIDを表示する機能がありました。SOS発信する際は、緊急連絡先へ現在地をGPS情報込みでコールすることも可能です。

さらにSeries 5ではセルラー契約がなくとも、海外渡航時に緊急回線への接続が行えるようになっており、世界150か国で利用可能です。旅行先でトラブルに遭った場合に、回線契約なしにサイドボタンを押し続けるだけで緊急回線に連絡できるというわけ。

そもそもスマートウォッチでのセルラー機能搭載は、金属製ケースとの相性が悪いなど設計が難しく、ほとんど例がありません。そうした中で、大多数のモデルをセルラー対応とし、さらに契約を持っていなくとも緊急時の連絡用で使えるようにしたことは高く評価したいところです。

騒音をモニターすることで聴覚への影響を警告

Series 4発表時の記事でも紹介したように、AppleはApple Watchの価値として「ユーザーの命や健康を護る」という開発の軸を明確に持つようになりました。その決意のひとつとして垣間見えるのが、上記した契約なしで緊急回線へ接続できる機能というわけです。

その先にあるのは、Apple Watchを用いることで身体の状態をモニターし、もし異常がある場合は適切な医療機関や緊急連絡先につなごうという強い意思でしょう。昨年搭載された(そしてまだ日本の厚生労働省では認可されていない)心電図計測機能もそのひとつ。

異常を感じたら、その時、その場でApple Watchで計測すればと、医者が解りやすい形式の心電図PDFが作成されてメールが送られるこの機能は、医師と共同開発したものだったそうです。

Apple Watchの心拍モニターでの異常や、トレッキングやマリンスポーツを楽しんでいる際の遭難、Apple WatchでSOSコールをして命が助かったなどの事例もあるようですが、さらに健康・医療の分野での応用を学ぶため、学術機関や医療機関と共同でApple Watchを通じた研究プロジェクトを立ち上げたそうです。

「Apple Health Study」という米国版でのみ起動できるアプリを使うと、自分が参加したい研究プロジェクトを選び、Apple Watchで収集したバイタル情報の送信する形で研究開発に参加できます。そうして多くの人からのバイタル情報を集めることで何らかの価値を提供できるようになれば、最終的に公式アプリとしてwatchOSに実装されていきます。

applewatch applewatch

こういった事例はすでに実現しており、月経周期に関連したアドバイスを提供するアプリや、周辺ノイズをモニタすることで聴覚異常へと発展する可能性のある騒音を浴びていることを警告してくれるアプリなどがApple Watchへ追加されています。

今後の注目点は"非iPhone対応"?

このようにSeries 5は、コンピュータとしての能力において大きな変化はありませんが、スマートウォッチとしての完成度が極めて高くなり、さらに健康や医療といった分野では、それぞれ専門の研究機関を巻き込んでのムーブメントを作ろうとしています。

数千万の人々がApple Watchを手首に巻いているのなら、その情報をなんとか活かそうということでしょうか。

Appleは今年、睡眠モニターIoTデバイスの「Beddit」を買収しました。睡眠時にはApple Watchを充電していることが多いかもしれませんが、こうした周辺デバイスを用いることで、Appleは健康管理においてさらに前に進もうとしているのかもしれません。

applewatch

ファッション領域ではケース素材やバンドのバリエーション、HermèsやNikeといった協業先との関係の深化などで対応し、医療や健康といった研究開発の方向も示したApple。今後の注目はiPhoneユーザー以外が、Apple Watchを使えるようになるか? ではないでしょう。Apple WatchはiPhoneの機能とタイトに統合され、あらゆる機能が有機的に連動します。それこそがApple Watchの優れている理由のひとつでもありますが、一方で世の中の半分以上の人はiPhone以外のスマートフォンを使っています。

決済機能のApple Payひとつとっても、決済基盤が異なるAndroidスマートフォンと連動できないことは明らかでしょうし、通知機能においても微妙な実装の違いなどを吸収せねばなりません。現実のハードルは高いと思いますが、それでも近い将来、Appleは非iPhoneユーザーにもApple Watchを提供することを考えるようになると予想します。

しかし、AppleはwatchOS 6でApple Watch専用のAppStoreを実装しました。従来はiPhone用アプリをインストールすることで、連動するApple Watch用アプリが導入される親子関係が必要でしたが、すでにその制約はありません。

完全な連動は難しいとしても、非iPhoneでApple Watchを使えるようにする準備は進んでいるように思えます。近い将来、watchOSのAppStoreが充実するようになれば、そのときAppleはiPhone以外にもApple Watchを解放するのかもしれませんね。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

119シェア
29
90,"likes":112
0

Sponsored Contents