Sponsored Contents

nianticの最新記事

Image credit:
Save

ポケモンGO、10月12日はナックラー大量発生。色違いフライゴン狙いのコミュニティ・デイ イベント開催

むしに非ず

Ittousai, @Ittousai_ej
2019年9月19日, 午前09:43 in Niantic
29シェア
4
25
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


ポケモンGOの月例イベント「コミュニティ・デイ」、10月はホウエン地方のありじごくポケモンこと『ナックラー』が大量発生します。

ナックラーはカゲロウのような「しんどうポケモン」ビブラーバを経て、じめん / ドラゴン複合タイプの「せいれいポケモン」フライゴンへと進化します。

Pokemon GO

ポケモンGO ナックラー コミュニティ・デイ概要(2019年10月)


日時
・2019年10月12日午前11時~14時

内容
・ありじごくポケモン「ナックラー」が大量発生
・ポケモン捕獲時のXPが3倍
・ルアーモジュールの効果が3時間持続
・大量発生の終了後、一定時間内に進化させたフライゴンが特別なわざを習得(未発表)
・(従来の例から予測) 色違いのナックラーが初登場




Pokemon GO​​​​​​


ナックラーはホウエン地方で初めて見つかったじめんタイプのポケモン。羽が生えてビブラーバになるとドラゴンタイプも加わり、さらに進化するとドラゴン然とした形態のフライゴンになります。

アリジゴクがモチーフで、ドラゴンになってからも虫の特徴があり空を飛んでいますが、タイプはむしでもひこうでもなく「じめん・ドラゴン」。じめん(の下が出身の)ドラゴンと解釈すべきなのかもしれません。

タイプの組み合わせとしてはでんきタイプに三重耐性があり、じめんタイプで弱点をつける攻防優位。じめん・ドラゴン複合はやや珍しい組み合わせですが、ポケモンGOに実装済みのポケモンでは、シンオウ地方に極めて高性能な「ガブリアス」の一族が存在します。(フカマル・ガバイト・ガブリアス)。

フライゴンもまったく弱いポケモンではないものの、ポケモンGOは原作ポケットモンスターよりシンプルなバトルのシステムなので、同じタイプで能力値が上のガブリアスが、レイドやジムのアタッカーとしてはほぼ上位互換になります。

一方で、ナックラーの野生出現は珍しく、フライゴンまで進化が遠いため、まだ登録していないならばコミュニティ・デイは大きなチャンスです。

今回もまたコミュニティ・デイと同時に色違い解禁であれば、人気が高い色違いフライゴンも目標のひとつ。

フライゴンはCPが比較的低いため、CP上限があるトレーナーバトルではまた別の役割が見込めます。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: niantic, pokemon, Pokemon GO, pokemongo
29シェア
4
25
0

Sponsored Contents