Sponsored Contents

huaweiの最新記事

Image credit:
Save

HUAWEI WATCH GT 2発表。快速で長時間、切れにくいBluetoothをKirin A1搭載で

バンドのバリエーションの多さもアピールします

橋本 新義(Shingi Hashimoto)
2019年9月19日, 午後10:55 in huawei
31シェア
6
25
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
中国ファーウェイが開催中の新製品イベントより。同社が昨今注力するスマートウォッチでは、高級モデルに属する『HUAWEI WATCH GT 2』が発表されました。第一陣となるEU圏での発売は10月。価格は(画面直径)42mm版が229ユーロから、46mm版が249ユーロからとなります。

特徴は、SoCとして新しくKirinシリーズに加わった『Kirin A1』の採用により、速度を向上させつつも初代WATCH GTの特徴だった「典型的使用で14日間」なバッテリー駆動をキープした点。また、Bluetoothデバイスとの通信距離が150mと、スマートウォッチとしては長距離な点も特徴です。

HUAWEI WATCH GT 2

処理速度アップとBluetooth通信距離の長さは、Kirin A1の採用に起因するもの。とくに後者はBluetoothおよびBluetooth LE 5.1の通信ユニットを統合している点により実現した点であり、ファーウェイ側は「Apple Watch Series 4に比べて2倍の通信距離」をアピールします。

HUAWEI WATCH GT 2

またバッテリー駆動時間の長さも特徴。今回はApple Watch Series 4との直接対決を打ち出しており、典型的な使用法では14日間対0.75日と、圧勝っぷりを見せます。またGPS使用時でも30時間と、1日超えで使えるのがポイント。Apple Watch Series 4は6時間なので、この条件でも5倍です。

また音楽再生時は24時間、Bluetooth通信時でも10時間と、比較的厳しい条件でも粘りを見せるのが隠れた特徴です。

なおこの点に関しても、Kirin A1の採用によるメリット。同SoCの電力効率は、スマートウォッチ用SoCのCPU部として使われるARMのCortex-M7に比べて2倍とファーウェイは謳います。

HUAWEI WATCH GT 2

機能的には、スマートフォンと連携しての通話や音楽再生、そして各種通知と各種アクティビティ計測など、一通りを備えます。とくに通話に関しては、スピーカーとマイクを内蔵する点、およびBluetooth使用時バッテリー駆動時間の長さと通信距離が活かせることから、現行機よりも実用性が期待できるところでしょう。

HUAWEI WATCH GT 2

HUAWEI WATCH GT 2

また、ウォッチフェイス(文字盤)も初代GTに引き続き、様々な印象のタイプを用意。カジュアル風からシックなところまで、着替えの楽しさが追求できます。合わせてウォッチバンドも多数をアピール。発表会では「毎日色とスタイルが一新できる」と謳っています。

アクティビティ記録でも、ワークアウトの検出モードは15種類へと増加。さらに基本機能では、ストレス検出やスマートフォン紛失サポート、Apple Watchで注目されるコンパスなどを網羅します。

HUAWEI WATCH GT 2

このようにHUAWEI WATCH GT2は、初代モデルの汎用性と高級感、そしてバッテリー駆動時間の長さを継承しつつも、実は重要ながらこれまで着目されてこなかった「スマートフォンとの連携時に、より安定したBluetooth接続できる」点などにメスを入れてきた、正統派の後継機と呼べそうなモデル。
SoCにスマートフォンで定評ある「Kirin」の名を冠したあたりからも、自信のほどが覗えます。

なお、スマートフォンでホットなAndroidに関する問題ですが、奇しくもスマートウォッチでは、初代WATCH GTから(Wear OS by Googleではなく)自社製OSを使っています。初代におけるバッテリー駆動時間の長さはここにも起因しているのですが、今回の騒動を鑑みるに、製品を安定して発売できる、という点でも有利に働いたのかもしれません。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

31シェア
6
25
0

Sponsored Contents