Sponsored Contents

iPhoneの最新記事

Image credit:
Save

iPhone 11 / 11Proシリーズでは連写方法が旧iPhoneとは異なる

ボリュームボタンでの連写はできず

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2019年9月20日, 午後12:20 in iPhone
34シェア
10
24,"likes":11
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View

iPhone 11シリーズには、シャッターアイコンを長押しすると動画撮影が始まる「QuickTake」機能が搭載されました。これまでは撮影モードを切り替えてからアイコンを押す必要がありましたが、QuickTake機能を使えばモードを切り替えることなく瞬時に動画撮影を開始できます。

一方でUIが変更された影響により戸惑う部分もあります。それは静止画の連写に関する挙動です。

iPhone 11 Camera UI
▲上の赤く囲まれた部分がシャッターアイコン

これまでのiPhoneでは写真モードでシャッターアイコンもしくはボリュームボタンを長押しすると連写できる仕様でしたが、iPhone 11シリーズではシャッターアイコンを左にスライドすることで連写でき、シャッターアイコンを右にスライドすることで動画撮影に切り替わります。

これまで長年iPhoneを使ってきた筆者としても連写に関する操作方法の変更は初見で、かなり戸惑いました。使っていくうちに徐々に慣れていく必要がありそうです。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

34シェア
10
24,"likes":11
0

Sponsored Contents