Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

watchOS 6配信開始。専用App Storeや計算機アプリも追加、文字盤もますます充実

Series 1とSeries 2向けは後日とのこと

Kiyoshi Tane
2019年9月20日, 午前05:23 in Apple
51シェア
13
38
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View

アップルがApple Watchの最新システムソフトウェアwatchOS 6の配信を開始しました。

通知が届いていれば通知から、ないしはiPhoneのWatchアプリで「一般-ソフトウェア・アップデート」から手動確認してインストール可能です。
watchOS 6の主な更新の最たるものは、まずwatchOS専用App Storeの登場。これまでは「iPhoneで購入したアプリがApple Watchで動作」という形でしたが、新OSではApple Watch専用のApp Storeが開設。手首の上から直接にダウンロードでき、音声入力を使って検索したり、Siriに頼んで探すこともできます。

さらにオーディオブックやボイスメモなど純正アプリが追加。アップル純正の計算機やボイスメモなども用意され、リマインダーアプリもデザインが一新。iPhoneを取り出すまでもなく小さな作業が捗りそうです。

Apple Watchの重点機能である健康関連では、周囲の環境ノイズレベルを計測する「ノイズ」アプリが実装され、群衆の大声や機械の轟音が危険をもたらしかねないレベルに達すると感知。手首をタップして、その場を離れたり耳を塞ぐよう促します。そして周期追跡の機能も追加され。自分の月経周期を把握し、より多くの情報を手に入れることで不規則性と症状を把握しやすくなります。

そしてwatchOSのメジャーアップデート恒例の、新たなウォッチフェイス(文字盤)も色々と登場。指先に一段と多くの機能が欲しいときや、手首の上にアクセントを加えたいときなど、ユーザーの気分や使い方に応じた新しい文字盤のラインナップが追加されました。

watchOS 6は初代のApple Watch(無印)を除くすべてのApple Watchに対応。ただし本日の配信はSeries 3以降のみで、Series 1とSeries 2では今年の秋に利用できるようになるとのことです。

なお、同日発売のApple Watch Series 5では
  • 画面やボタンに触らずとも常に文字盤が表示されているAlways-on Retina Display
  • コンパスの内蔵
  • セルラー対応版は近くにiPhoneがなくても、150か国以上でApple Watchから緊急サービスを直接呼び出せる「国際緊急通報機能」搭載

といった新機種だけの機能を利用できます。

アップル公式のwatchOS 6更新リストは以下の通りです。

watchOS 6では、よりいろいろな人や情報とつながって、よりアクティブに、あなたの健康について詳しく知ることができます。Apple Watch向けに、周期記録、ノイズ、ボイスメモ、オーディオブック、計算機などの新しいAppが追加され、初めてApp Storeが登場します。さらに"アクティビティ"の"トレンド"では、活動状況を時系列で追跡できるようになります。

周期記録

  • 新しい"周期記録"Appでは、出血量、症状、点状出血などの月経周期についての情報を記録します
  • オプションで、基礎体温および排卵検査結果などの妊娠可能指標を記録します
  • 月経の予測および通知により、次の月経が近づいていることを知らせます
  • 妊娠可能期間の予測および通知により、次の妊娠可能期間が近づいていることを知らせます

ノイズ

  • 新しい"ノイズ"Appでは、周囲の現在の音量レベルを表示します
  • オプションで、周囲の騒音が、長時間聴くと聴覚に影響が及ぶ可能性のあるレベルに達した場合に通知します
  • Apple Watch Series 4で利用可能です

ボイスメモ

  • Apple Watchを使用してボイスメモを録音します
  • 録音したボイスメモは、Apple Watchの内蔵スピーカーから再生するか、Bluetoothデバイスに接続して聴きます
  • "音声入力"または"指書き入力"で録音の名前を変更します
  • 新しく録音したボイスメモは、iCloud経由でiPhone、iPad、またはMacの間で自動的に同期します

オーディオブック

  • iPhoneのApple BooksのオーディオブックをApple Watchに同期します
  • 現在読んでいるブックを最大5時間分同期します
  • Wi-Fiまたはモバイル通信に接続されているときにオーディオブックをストリーミングします

App Store

  • 新しいApp StoreでApple Watch用のAppを探してインストールします
  • 厳選されたAppやコレクションをブラウズします
  • Siri、音声入力、指書き入力を使用してAppを検索します
  • Appの説明、レビュー、スクリーンショットを表示します
  • "Appleでサインイン"をサポート

アクティビティ

  • iPhoneの"アクティビティ"Appでアクティビティのトレンドを追跡します
  • トレンドは、過去365日間のパフォーマンスと比較して、過去90日間のアクティビティの平均指標を表示します。指標には、ムーブ、エクササイズ、スタンド、スタンド時間(分)、距離、カーディオフィットネス(最大酸素摂取量)、ウォーキングペース、ランニングペースが含まれます。車椅子ユーザーの指標には、ロール、ロール時間(分)、車椅子ウォーキングペース、車椅子ランニングペースが含まれます
  • トレンド矢印が下を向いている場合、軌道を戻すのに役立つ具体的なコーチヒントを表示します

ワークアウト

  • "屋外ランニング"、"屋外ウォーキング"、"サイクリング"、"ハイキング"のワークアウトに現在の高度が追加されました。Apple Watch Series 2以降で利用可能です
  • ワークアウト中に"ストップウォッチ"Appが文字盤に継続的に表示されるようになりました
  • "ワークアウト"ミュージックプレイリストをシャッフルします
  • TRUEとWoodywayのGymKitサポートを追加します

Siri

  • Shazamであなたの近くで流れている曲を特定します。曲とアーティストの情報を取得し、Apple Musicライブラリに追加することができます
  • SiriのWeb検索をサポートします。Web検索の結果を最大5つ表示し、タップするとApple Watchように最適化されたWebサイトコンテンツが表示されます
  • 刷新された"人を探す"AppとSiriが統合され、位置情報の問い合わせをサポートします

文字盤

  • "数字・モノ"と"数字・デュオ": アラビア数字、アラビア・インド数字、ローマ数字、デーバナーガリー数字で表示可能なデジタル文字盤です
  • "メリディアン": 画面いっぱいに表示される黒または白の文字盤です。4つのサブダイヤルのコンプリケーションが含まれます(Apple Watch Series 4のみ)
  • "グラデーション": 時間と共にデザインがダイナミックに変わります。フルスクリーンまたは円形(最大5つのコンプリケーション)で表示可能です(Apple Watch Series 4のみ)
  • "カリフォルニア": ローマ数字、アラビア数字、デーバナーガリー数字などの複数の数字スタイルをフルスクリーンまたは円形で表示可能です(Apple Watch Series 4のみ)
  • "ソーラーダイヤル": 24時間の文字盤に太陽の経路を円形にマッピングして太陽を追跡します(Apple Watch Series 4のみ)
  • "モジュラーコンパクト": アナログまたはデジタルの時間を選択でき、リッチなコンプリケーションを表示します(Apple Watch Series 4のみ)
  • すべての文字盤でタップすると時刻を読み上げます。30以上の言語をサポートします
  • オプションで、一定の時間ごとにチャイムで通知を受け取ることができます。通知方法はカスタマイズできます。1時間ごと、30分ごと、または15分ごとに触覚または音のチャイムで通知を受け取るように設定します
  • Apple Watchで直接文字盤を並べ替えることができます
  • オーディオブック、計算機、モバイル通信接続、周期記録、ノイズ、風、降水確率、ボイスメモの新しいコンプリケーションが追加されました
  • "インフォグラフ"と"インフォグラフモジュラー"に新しいモノクロのコンプリケーションが追加されました

その他の機能と改善:

  • 新しい"計算機"Appでは、チップを計算し、請求金額を人数で分けることができます
  • Podcast Appがカスタムステーションをサポートするようになりました
  • "マップ"にスマートガイダンスと音声ナビゲーションが含まれます
  • 刷新された"再生中"AppはApple TVのリモコンをサポートします
  • "For You"でパーソナライズされたミュージックピックを利用できるようになりました
  • 自動ソフトウェア・アップデート
  • "トランシーバー"Appが刷新されました
  • "アクセシビリティ"、"ワークアウト"、"ヘルスケア"などの設定が、Apple Watchで直接利用可能になりました
  • 刷新された"人を探す"Appでは、Apple Watchで友達を追加したり、通知を設定したり、設定を変更したりできます
  • 刷新された"リマインダー"Appでは、App内から直接、共有リストやサブタスクを表示したり、新しいリマインダーを追加したりできます

一部の機能は、国または地域によっては利用できない場合があります。詳しくは、以下のWebサイトを参照してください:
https://www.apple.com/jp/watchos/feature-availability/

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトを参照してください:
https://support.apple.com/kb/HT201222




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

51シェア
13
38
0

Sponsored Contents