Sponsored Contents

todayの最新記事

Image credit:
Save

2017年9月23日、標準モデルと自撮り特化の「ZenFone 4」シリーズ2モデルが発売されました:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、ニュース、記念日など、気になった話題をピックアップ

今日は何の日?
2019年9月23日, 午前05:30 in today
28シェア
6
22
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View
ASUSはコスパに優れたSIMフリースマートフォンを多数リリースしていますが、その中で、トレンドのデュアルカメラを装備したのが「ZenFone 4」シリーズ。2017年の今日、全3モデルのうち標準モデルとなる「ZenFone 4」(ZE554KL)と、自撮りに特化された「ZenFone 4 Selfie Pro」(ZD552KL)の2モデルが発売されました。

2つのカメラを装備し、通常(1200万画素、F1.8)と光学2倍(800面画素、F2.2)での撮影を可能にしたのが、「ZenFone 4」(ZE554KL)。画面サイズは5.5インチ液晶(1920×1080ドット)という標準的な使いやすいモデルとして登場しました。

5万6800円という価格だけをみると若干高めに感じますが、Snapdragon 660、6GB RAM、64GB ストレージという高めのスペックを考慮すれば、お買い得なレベル。インターフェースがUSB Type-Cだというのもポイントです。

today

もうひとつの「ZenFone 4 Selfie Pro」(ZD552KL)はデュアルカメラスマートフォンの中でも異質なモデルで、なんと、デュアル化されているのは前面カメラの方です。標準(1200万画素)と広角(500万画素、120°)とを切り替え可能で、グループで威力を発揮する広角撮影が可能というのが魅力的。ただし、背面カメラはシングルとなります。とはいえこちらも1600万画素あり、4K動画撮影にも対応するしっかりしたものでした。

スペックは、Snapdragon 625、3GB RAM、64GB ストレージ。画面は5.5インチの有機EL(1920×1080ドット)で、性能はミドルクラスとなるものの、写真機能重視で考えるならかなり惹かれるものがあります。価格も4万2800円と抑え気味でした。

today

9月23日のおもなできごと

2000年、Microsoftが「Windows Millennium Edition」(日本語版)を発売
2011年、ヤフーとソフトバンクが「SoftBank 009SH Y」を発売
2016年、コルグが省電力な真空管「Nutube」を発売
2016年、D4エンタープライズが「SILENT MÖBIUS CASE:TITANIC REPRODUCTION」を復刻
2017年、ASUSがSIMフリーのAndroidスマホ「ZenFone 4」シリーズを発売




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

28シェア
6
22
0

Sponsored Contents