Sponsored Contents

AppleRumorの最新記事

Image credit:
Save

2020年のiPhoneは「iPhone 4のようなデザイン」に?有名アナリストが予測

お値段もゴージャスにならないか心配

Kiyoshi Tane
2019年9月26日, 午後12:00 in AppleRumor
124シェア
20
104
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

最新モデルのiPhone 11シリーズが発売されたばかりですが、早くも2020年の次期モデルが「iPhone 4を思わせる新規設計」デザインになるとの予測が報じられています。

アップルのインサイダー情報で知られるアナリストMing-Chi Kuo氏の研究ノートによれば、アップルは来年の主力iPhoneデザインを「大幅に」変更するとのこと。具体的には、金属製フレームと前面および背面のガラスという構造は維持されつつ、金属製フレームがiPhone 4と同様のデザインになると述べられています。

今年のiPhone 11シリーズでは角に丸みのある金属フレームが採用され、そのうちiPhone 11ではアルミニウム、iPhone 11 Proではステレンススチール素材を用いています。その一方、iPad Pro(2018)では角張ったデザインが採用されていますが、iPhone 2020年モデルはこちらに近くなるのかもしれません。

そしてKuo氏いわく、2020年モデルの金属フレームは溝が設けられており、かつ射出成形技術により製造されるとのこと。これらの工夫により、内部アンテナの高周波帯域への悪影響を低減。さらにフレームに掘られた溝はサファイアガラスに覆われて保護されるとの予測が述べられています。

こうした設計変更の結果、金属フレームとガラスケースのコストが大幅に上昇し、サプライヤーの収益性が大きく改善することに。そして新デザインと5Gサポートが組み合わさることで(ユーザーへの訴求力も高まり)、iPhoneの出荷台数が2019年の7500万台から、2020年には8500万台に増加するーーKuo氏はそう予測しています。

Kuo氏はこれ以前にも、iPhone2020年モデルにつき数々の予測を発表してきました。1つには、3モデルとも2019年とは違ったディスプレイになること。すなわちハイエンド(今年のProモデルに相当)が5.4インチと6.7インチ、普及モデルが6.1インチになり、全機種が有機ELディスプレイを採用するというもの。

そして3モデルとも5Gがサポートされ、カメラ機能がさらにアップグレードされるとも予測。後者については「ToF方式(光線を対象物に照射し、返ってくる時間により距離や空間を認識する技術)の3Dカメラが導入される」とも述べていました

背面カメラの増設を除けば控えめなアップグレードに留まった印象のある2019年モデルでしたが、2020年モデルはデザインも全面的に刷新され、5G対応や3Dカメラなど多くの新技術が盛り込まれそうです。ただ、今年のiPhone 11シリーズは(特にiPhone 11は)価格設定も魅力的と好評なだけに、来年モデルはお値段もゴージャスにならないのかが気になるところです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: MacRumors
124シェア
20
104
0

Sponsored Contents