Sponsored Contents

cameraの最新記事

Image credit:
Save

Proの望遠は中途半端で使わなそうだから、超広角だけの「iPhone 11」でいいじゃない?(わっき)

直線が直線として写し出す超広角の性能たるや

わっき(Digital Wackys), @d_wackys
2019年9月27日, 午前11:56 in Camera
93シェア
19
74
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View


Engadget 日本版 YouTubeチャンネルより。

iPhone 11シリーズが発売されましたね!僕の周りのガジェット好きはProを購入した方が多いように感じます。しかし、本当にそのスペック必要なのでしょうか?

Apple Storeでの販売価格はiPhone 11が税別7万4800円〜、iPhone 11 Proが税別10万6800円〜、iPhone 11 Pro Maxが税別11万9800円〜と、Proがついていないだけで大体3万円の差があります。今回は動画制作者の視点からiPhone11のカメラ性能についてまとめてみました。

iPhone 11は望遠以外のカメラはProと同じです。デフォルトのカメラが広角26mm、そして超広角の13mm。より広角になったインカメラの性能もProと同じです。ってことは望遠を重視しないならiPhone11はかなりお買い得な感じがしてきます。



▲この動画はすべてiPhone 11にて撮影しています

Engadget
▲モデルは小彩楓さんに協力していただき

まず第一印象は、超広角カメラの画角に驚きました。これは散々広角レンズで撮影してきた人間でもパッと切り替えた瞬間に驚きます。湾曲が少なく、しっかりと直線が直線として写し出されています。これはレンズ性能ではなく補正によるものでしょうが、これをスマホのカメラで撮れるのはインパクト大きいです。

超広角では動画の手ブレ補正は効きませんが、普通に歩いている程度ではそれほど気にならないでしょう。今回はスマホ用電動ジンバルを使用して超広角で移動撮影をしてみましたが、この相性はとても良いですね。移動している感じがよく伝わります。

Engadget

インカメラはより広角になって友達同士での自撮りもしやすくなりましたね。自撮り動画レポートでのおっさん圧も軽減してくれそうです。そして逆光から順光へと環境が大きく変わっても、顔の明るさはとても自然で全く違和感がありませんでした。これは驚きです。

Engadget▲ナイトショットで夜景を美しく切り取る

Engadget▲スイーツも女性もキレイに残します


まぁProとの価格差はカメラよりも液晶画面の部分が大きいとは思いますが、あの中途半端な望遠レンズはどれだけ出番があるのでしょうかな? と思ってしまいます。

換算52mmと言うことで歪みも少ななくなり人物撮影などには向いているとは思います。でも遠ければ被写体に近づけば大きく写せますけれど、これ以上下がれないって場面で画角に入り切らないと言った経験は皆さんありますよね?やっぱり広角の方が出番が多いと思いませんか?

発売から数日経過しましたが、iPhone11 ProユーザーもSNSにアップしているのは超広角写真ばかりが目立ちます。だったらiPhone11でも良いんじゃないの?




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: camera, iphone, iphone11, iphone11pro
93シェア
19
74
0

Sponsored Contents