Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

iOS 13.1で一部の7.5Wワイヤレス充電器が出力5Wに制限されているとのうわさ

アップル公式ストアで販売している充電器は制約がないもよう

Kiyoshi Tane
2019年9月28日, 午後12:45 in Apple
38シェア
7
31,"likes":15
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

Apple

アップルがiOS 13.1にて、一部の7.5Wワイヤレス充電器につき出力を5Wに制限したとの噂が報じられています。

香港メディアChargerLABは、iOS 13.1をインストールしたiPhone 11シリーズにつきワイヤレス充電速度のテストを実施。その結果、iOS 13では7.5Wで充電できた複数のワイヤレス充電パッドが出力5Wに制限されているのを発見したと報告しています。
charge
7.5Wから5Wに出力が下がれば、充電時間も長くかかることになります。同じ充電器を使ってiPhone 11を充電した場合、iOS 13.1での充電速度はiOS 13での約70%に低下したと述べられています。

さらに今回のレポートによれば、アップル公式ストアで販売されているBelkin、Mophie、Native Union、Anker、Logitechなどの製品は7.5Wで充電できるとのこと。以上の検証結果から、ChagerLABはアップルが固定周波数の電圧調整を使用するソリューション(アップルが推奨)に対してのみ7.5W充電を有効にし、他の方式を備えた製品は5W充電のみに制限していると推測しています。

こうしたワイヤレス充電器の制約に関して、アップルはiOS 13.1の更新リスト中で言及していません。ChargerLABは引き続き調査すると述べており、本誌でも続報がありしだいお伝えいたします。


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

38シェア
7
31,"likes":15
0

Sponsored Contents