Sponsored Contents

applicationの最新記事

Image credit:
Save

空中にペンを走らせるとアプリ上に絵が!ARパーティーゲーム「ピクショナリー エアー」

飲み会やパーティでも盛り上がりそうなアイテムです

相川いずみ
2019年9月28日, 午後04:30 in Application
36シェア
7
29,"likes":16
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View


9月に開催された「クリスマスおもちゃ見本市 2019」は、2019年のクリスマスにおすすめのおもちゃが並ぶ見本市。その中で、個人的に気になった商品をご紹介します。


airpen
『ピクショナリー エアー』マテル・インターナショナル/発売中/実売価格2,700円前後

今回紹介するのは忘年会やパーティでも盛り上がりそうなアイテム。それが、こちらの『ピクショナリー エアー』。ペン先が光るライトペンと、同梱のお題カード、専用のスマホアプリを組み合わせて使います。

遊び方はとても簡単。まず無料のアプリをダウンロードし、アプリを起動。お題カードを一枚引いて、ライトペンでお題に沿ってお絵かきします。ただし、この時描くのは紙やボードではなく空中です。自分の空間認識能力を信じ、空中にペンで絵を描いていくのです。

すると、描いたの軌道がスマホに認識され、リアルタイムでアプリに表示されます。この絵をもとに、見た人はお題をあてっこするというわけです。

airpen

自分ではちゃんと描いていたつもりでも、アプリで見ると、結構ゆがんでいたり、とんでもない絵になっていたり......。描くときだけでなく、描いた後も楽しめる2度おいしいアイテムです。さらに、描いた絵を保存し、SNSなどにシェアすることも可能です。

ゲームではチームに分かれて、一人が絵を描く「ピクチャリスト」となり、どちらが正解率が高いかを競います。公式ルールでは、絵を描いた後であれば、ジェスチャーと組み合わせてヒントを出すことも可能。たとえば、お題が何かのアイテムなら実際に使っている仕草をするなど、描いた絵と自分のジェスチャーを組み合わせることで、チームメンバーへのヒントにもなりそうです。

airpen

この『ピクショナリー エアー』は、元々は『ピクショナリー』という、お題に沿ってお絵かきをしてあてるというテーブルゲームがもとになっています。アプリと組み合わせたことで、ライトペンを使って色々な遊びを楽しむことができそうです。

パーティ用ゲームだけでなく、家族みんなが大笑いして楽しめるレクリエーションアイテムとしてもおすすめ。親子で遊べば、子どもの発想力や創造力を育む効果も期待できます。

『ピクショナリー エアー』は、今年の「おもちゃ屋が選んだクリスマスおもちゃ2019」のバラエティ部門でも入賞した、注目のアイテムです。価格もお手頃なので、ぜひ家族や友達と楽しんでみてください!



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

36シェア
7
29,"likes":16
0

Sponsored Contents