Sponsored Contents

mobileの最新記事

Image credit:
Save

ボーズ、自社のノイキャンワイヤレスイヤホンはEcho Budsより高性能になると説明

本領発揮は自社製品にて

塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2019年10月1日, 午前11:20 in mobile
63シェア
16
47,"likes":21
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View


米ボーズのスポークスパーソンは、来年発売される自社製のノイズキャンセリング・ワイヤレスイヤホンが、米アマゾンの「Echo Buds」よりも高性能になると説明しています。

アマゾンは先週、Echoシリーズの新製品として「アクティブノイズリダクション(ANR)」機能を搭載した「Echo Buds」を発表しました。このノイズリダクション技術はボーズから提供されており、129.99ドル(約1万4000円)というコスパの高さとともに話題となりました。

一方、ボーズは2020年にアクティブノイズキャンセリング(ANC)機能を搭載したワイヤレスイヤホン「Bose Noise Cancelling Earbuds 700」の発売を予定しています。そして同社は、このANCとEcho BudsのANRの違いについて以下のように説明しているのです。

「Echo BudsのANR機能は日常シーンにおける、バックグラウンドノイズの最小化を念頭においています」「Bose Noise Cancelling Earbuds 700やQC35IIsのANCはボーズの独自技術により、日常だけでなく飛行機や地下鉄といった環境での、あらゆる範囲における完全なノイズ除去を実現します。これにより、そのパフォーマンスはEcho Budsとはレベルの異なる、より優れたものとなります」

というわけで、Echo Budsが発売されようとBose Noise Cancelling Earbuds 700の優位性は揺らがないようです。ただしその発売は来年になるので、今はコスパの高いEcho Budsを購入してボーズ製品を待つ、という選択肢もありかもしれません。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: The Verge
関連キーワード: amazon, audio, bose, headphones, mobile
63シェア
16
47,"likes":21
0

Sponsored Contents