Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

ミニLEDディスプレイ搭載のハイエンドMacBookやiPad登場?有名アナリスト予測

お値段もハイエンドでしょうか

Kiyoshi Tane
2019年9月30日, 午後05:00 in apple
38シェア
12
26
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

アップルが2020年後半から2021年半ばにかけて、ミニLEDディスプレイを搭載したiPadおよびMacBookのハイエンドモデルを発売予定との噂が報じられています。

アップル未発表製品の予測に定評あるMing-Chi Kuo氏は、最新の研究ノートを発表しました。それによると、これらのディスプレイには約1万個ものLEDが使われるとのこと。アップルが次期Mac Pro用に発表した「Pro Display XDR」576個のLEDを使うとされていますが、そこから飛躍的に増えるようです。

ただし各LEDのサイズは200ミクロン(0.2mm)未満であり、Pro Display XDRのそれよりかなり小さいとも述べられています。

ちなみにミニLEDとは、液晶バックライトの用途で注目を集めている技術のこと。一般的なLEDよりもチップ面積が小さく、これとローカルディミング(部分駆動)技術を組み合わせることで「画面が黒い部分だけバックライトを消灯」が可能に。それによりコントラストを上げられたり省電力を実現できる点で、有機ELの対抗技術として有力視されています。

Kuo氏は以前も、2021年前半に15〜17インチのMacBook Proと2020年の第4四半期には10〜12インチのiPad Proが発売され、どちらもミニLED採用になると予測していました。つまり、今回の「ハイエンドモデル」もMacBook ProやiPad Proを意味する可能性が高いと思われますが、Kuo氏は特に言及していません。

有機ELディスプレイは大型化が難しく、アップル製品でも最初に小型のApple Watchに採用され,次にiPhone Xから採用された経緯があります。それでも現在では中型パネルの量産性もしだいに改善され、その広色域性能もミニLEDに匹敵するとの声もあります。

が、Kuo氏いわくアップルのミニLED採用は、有機ELにまつわる焼き付きの問題を回避(ミニLEDは有機物を含まないため焼き付きにくい)するとともに、サムスン一社に対する有機ELパネルの依存度を減らすための最初の選択とのことです。アップルはJDIに約200億円を投資すると噂されていますが、そのさいも「サムスンに有機ELパネル供給の大部分を頼っている」状況を解消するためと推測されていました。

さらにKuo氏は、2020年の第4四半期〜2021年の第1四半期にミニLED搭載iPadが、2021年の第1四半期〜第2四半期にMacBookがリリースされる予定と述べています

ミニLED搭載により、薄くて軽い製品デザインが可能となり、上記のような高コントラストやHDR、良好な広色域が実現するとのこと。そうした高性能はけっこうなことですが、気になるのがお値段です。

iPhoneとして初めて有機ELディスプレイを採用したiPhone Xは当初1000ドル近い価格設定が高すぎると批判を集めましたが、MacBook ProやiPad Proはプロユースを意識した製品だけに、新型Mac Proが米国価5999ドル〜となったようなプロ向け価格とされるのかもしれません。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: MacRumors
関連キーワード: apple, AppleRumor, ipad, macbook, MacbookPro, miniled, oled
38シェア
12
26
0

Sponsored Contents