Sponsored Contents

greengadgetの最新記事

Image credit:
Save

キャッシュレス時代のミニマルウォレット『FANTOM R Wallet』

GREEN FUNDINGとのコラボ特集です

GREEN FUNDING with Engadget Staff
2019年10月2日, 午後07:12 in Greengadget
11シェア
3
8
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View

GREEN FUNDINGでこのプロジェクトを支援する

FANTOM R - 進化した日本へ、進化したFANTOMを。

日本も本格的なキャッシュレス時代に突入しようとする今日、まだ分厚い財布でポケットを膨らませてはいませんか?

2017年に、ワンアクションで扇状にカードが現れるギミックで世界中から高い評価を得た『FANTOM Wallet』が、ユーザーの様々な要望を受け進化し『FANTOM R Wallet』として皆様の前に再度登場します。

更なるデザインの洗練と、細部へのこだわりがFANTOM Rには注ぎ込まれています。プラスチック製のフレームをプレミアムなアルミニウム製シャーシに、また本国特許取得済のギミックを改良し、よりスムーズで完璧なアクションを実現。そしてFANTOM Walletを愛する全てのお客様のポケットに相応しいウッド、レザー、カーボンの3種のフィニッシュを採用致しました。

主な機能

RFID/NFC保護機能

新採用のアルミニウムシャーシは、比類なきRFID保護を実現。あなたの大事な情報と資産をしっかりガード。

勿論、FANTOM Walletの最大の特徴であるレバーアクションは健在。また前面のクイックドロースロットを使うと、手前のカードを親指のみでローディング可能です。

セラミックコーティングされたアルミニウムシャーシは耐久性は勿論、ルックスにおいてもリッチでソリッドな印象を与えます。

FANTOM R Walletの厚さはたったの9mm。ポケットに入れてもシルエットを損なわず、邪魔にもならない薄さです。

FANTOM R Walletは3種類のサイズ展開。あなたのライフスタイルに合わせて最適な容量をお選びいただけます。

マネークリップはカラフルな10種をご用意。6種類のボディと組み合わせてあなたらしい一台を。

安全対策も勿論万全です。ふいに落としてしまっても、中のカードがスロットからこぼれ落ちることはありません。

カードの容量は、収納するカード本体のエンボス(凹凸のある刻印)有無により異なります。例えばFANTOM7の場合は、エンボスなしで最大7枚、エンボスありで最大4枚の格納が可能です。

容量の目安は上記のチャートをご確認ください。こちらはあくまでも目安となりますのでご注意ください。

ご支援にあたりましては、支援プランを選択後に

①お好きなフィニッシュ

②カード容量

をお選びください。

【マネークリップのご紹介】


チタンマネークリップは、紙幣を一緒に持ち歩きたい方にお薦めのオプションです。こちらは以前のFantomウォレットと互換性があるため、以前のFANTOM Wallet用マネークリップをお持ちの方は再利用が可能です。

マネークリップにはFantom Rウォレットに取り付けるためのネジと六角キーが付属しており、ウォレットの前面または背面にセットできます。クリップは全10色を展開、ナチュラルからビビッドまでお好きな色をお選びください!

※マネークリップは本体と別プランにてご用意しております。ご希望の支援者様は誠にお手数ですが、本体の決済を完了後追加にてお申込みをお願い致します(単品でのご購入も可能です)

【開発元 Ansix Designsについて】

Ansix Designsは2014年にカナダの機械技術者グループが、手頃で高品質な製品を設計するという目標のもと集まり設立されました。 私たちは既存の製品を改善し、新しい製品よに送り出すための革新的な方法を常に模索しています。過去3度の Kickstarterキャンペーンがを成功させ、世界中にFantomウォレットを紹介することができました。 当社の支援者は事業にとって非常に重要です。皆さまのご支援がなければAnsix Designsは製品を市場に出すことができなかったでしょう。今回も皆様の温かいサポートを何卒お願いします。

【起案者㈱TMネットワークについて】

株式会社TMネットワークは、「卸でデザインする会社」です。イヤホン・ヘッドホンを中心としたエンターテイメントを楽しむ商品の卸売事業をはじめ、ポタフェスやe☆イヤ本の発行などのイベント企画・運営、メディア・㏚事業や、コラボレーション商品開発などを行っています。今回はRAKUNEW事業部がAnsix Designs社の代理店として、日本におけるプロジェクトの進行と支援者様のサポートを行って参ります。

GREEN FUNDINGでこのプロジェクトを支援する



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: greengadget
11シェア
3
8
0

Sponsored Contents