Sponsored Contents

AVの最新記事

Image credit:
Save

速報:マイクロソフトの完全無線イヤホンSurface Earbuds発表。円形の表面でタッチ操作

黒バージョンもあればオセロができそう

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年10月3日, 午前12:11 in AV
96シェア
8
88
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

日本時間10月2日23時に始まったSurface発表イベントより。マイクロソフトが初の完全ワイヤレスイヤホン Microsoft Surface Earbudsを発表しました。やや大きめな真円の筐体は、率直に言って装着すると目立ちそうですが、AirPods登場時の衝撃に比べるとまだマイルドなデザインです。

Surface Earbudsのまん丸デザインは「1日中装着しても快適な安定性」を求めて設計されているとのこと。タッチ操作に対応しており、スワイプやタップで音楽の再生/停止や選曲、スキップ操作が可能。発表時のデモではSpotifyとの統合も示されました。

さらに、このイヤホンはOffice 365に対応しており、たとえばPowerPointでは、左右ユニットにそれぞれマイクが2つずつ仕込んだマイクを使った音声操作が可能です。一例をあげるなら、スライド表示中に話した内容をキャプションとして画面に反映させられます。対応する言語は60種類以上とのこと。

バッテリーの持ちは最長24時間で、ほかの完全ワイヤレスイヤホン同様に充電ケースが付属します。価格は249ドル(約2万7000円)から。米国での出荷時期は年末のホリデーシーズンとなっています。






「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

96シェア
8
88
0

Sponsored Contents