Sponsored Contents

computerの最新記事

Image credit:
Save

島根富士通の工場で親子そろってパソコン自作に挑戦! 「富士通パソコン組み立て教室」レポート(前編)

「Ruby」を学ぶプログラミング教室も同時開催

相川いずみ
2019年10月4日, 午前11:50 in Computer
32シェア
7
25
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

8月3日、島根県出雲市にある島根富士通 で「第14回 富士通パソコン組み立て教室」が開催された。

この組み立て教室は、毎年夏休みに行われている。

昨年は、筆者も小学生の子どもを連れて参加し、パソコンの組み立てから工場見学、プログラミング教室までをたっぷり楽しんできた。

14回目になる今年は「パソコン組み立て教室」だけでなく、島根富士通の最新の工場の様子や、島根富士通の代表取締役社長の神門明氏インタビューまで、全後編に分けてお届けする。

関西や神奈川からも参加する人気の組み立て教室

島根富士通のある出雲市は、東京からは飛行機で1時間20分。出雲空港から車で20分ほど行った高台に広大な島根富士通がある。昨年の開催日はあいにく台風と重なってしまったが、今年は快晴。全25家族が島根富士通の会場に集った。

富士通パソコン組み立て教室2019

島根のパソコン組み立て教室は、3つの大きな特徴がある。

1つめは、世界最軽量クラスのノートパソコンを組み立て、組み立てたパソコンをお得な価格で購入できること。2つめは子ども達が遊んで楽しめる工場見学があること。そして3つめが、日本発のプログラミング言語『Ruby』を学べるプログラミング教室を体験できることだ。

これはRubyを開発したまつもとあつし氏が島根県在住ということもあり、"島根県つながり"で行っているそうだ。

富士通パソコン組み立て教室2019
▲会場に集った25家族。これから始まるものづくりの体験を楽しみに待っている

夏休みの土曜日ということもあり、父親やおじいちゃんの参加も目立った。中には、一家で参加している家族もあり、関心の高さをうかがえる。ちなみに、今年の参加者の内訳は20組が県内の出雲市から。県外からは、なんと大阪や兵庫などの関西圏だけでなく、神奈川県から参加した家族もあった。

「10年前からパソコン組み立て教室の事を知っていて、子どもが対象年齢になったら絶対来ようと思っていた。今年、ようやく参加することができてうれしい」と、熱く語ってくれたお父さんもいた。筆者も同じ思いで、子どもが大きくなるのを楽しみにしていたので、その気持ちにはとても共感できた。この記事を読んでいるなかで、小さい子どもをお持ちの方は、ぜひ我が子が対象年齢になったら参加してみることをおすすめする。

富士通パソコン組み立て教室2019
▲「自分でつくったパソコンは、世界にひとつだけのもの。今日はものづくりを楽しんでほしい」と話す、島根富士通取締役社長の神門氏

世界最軽量クラスのノートPCを自分の手で組み立てる

島根富士通の組み立て教室では、毎年その年の「世界最軽量」のスリムノートを組み立てることができる。

今年は、2018年11月に発売されたモバイルノート『FMV LIFEBOOK UH』シリーズの『LIFEBOOK WU2/C3』で、わずか747g の最軽量モデルだ。実際に製品を持ってみても「中身があるの!?」と驚くぐらい軽く、かつデザイン性や機能性も兼ね備えている人気の機種で、同シリーズの世界最軽量モデルは698gという、さらに驚きの軽さだ。

組み立て教室 では全工程のうち、途中まで組み立てられたものをベースに、メインボードや液晶パネル、SSDなどの重要パーツを取り付けて仕上げるまでの部分を子ども達が体験する。

富士通パソコン組み立て教室2019
▲全222点の取り付けのうち、1/5の37点の作業を体験。ちなみに、実際の製造ラインで同機種の組み立て時間は13分だという

富士通パソコン組み立て教室2019
▲組み立てる前には準備も大切。今年は、島根富士通の社員がデザインしたという、パソコンパーツのイラストが描かれた特製エプロンが用意されていた

昨年は息子の組み立てをハラハラし見守りつつ写真を撮っていたが、今年は取材に徹することができるので安心して、参加者の様子をじっくり見ることができた。毎年共通しているのは、子ども達は組み立てを心から楽しんでいて、つきそいの保護者はそんな子どもの様子をうれしそうに見守っていることだ。

富士通パソコン組み立て教室2019
富士通パソコン組み立て教室2019
▲組み立てる『FMV LIFEBOOK UH』。ラグビー日本代表のユニフォーム を着た島根富士通の若手2人が、組み立ての進行を担当した

富士通パソコン組み立て教室2019

富士通パソコン組み立て教室2019
▲回の作業メニュー。作業用のテーブルには、ドライバーやネジ、パーツなどがそろっていた

富士通パソコン組み立て教室2019
▲最初に取り付けたのは、メインボードだ。大きなパーツなので比較的取り付けやすいが、子ども達は慎重な手つきでパーツを扱っていた

富士通パソコン組み立て教室2019

富士通パソコン組み立て教室2019
▲1つの工程ごとに丁寧な解説が表示されるため、作業がしやすい

富士通パソコン組み立て教室2019

富士通パソコン組み立て教室2019
▲キーボードのフレキシブル基板や、液晶パネルなどを次々に取り付けていく

富士通パソコン組み立て教室2019
▲細かいケーブルの取り付けには手こずっていたが、島根富士通のスタッフが優しくサポートしてくれた

富士通パソコン組み立て教室2019
▲パソコン組み立てにネジ締め欠かせない。今回の組み立てでも、子ども達はひたすらネジ を締め続けた。

1時間をかけて、ついに完成。ノートパソコンは細かいパーツが多く、組み立てに苦労していた子どももいたが、沢山のネジ締めも根気よく頑張り、ついに全員が完成させた。

富士通パソコン組み立て教室2019
富士通パソコン組み立て教室2019
▲Dカバーを取り付けて、最後にネジで固定し、『FMV LIFEBOOK UH』が完成した。

ゲームありコンテストありの楽しい工場見学

この教室でのもうひとつの人気体験が、工場見学だ。パソコンができるあがるまでの工程を知り、大きな機械などを実際に目にすることができるとして、見学に来る地元の学校も多いという。

島根富士通では、富士通の製品の中でもノートパソコンやタブレットなどのコンシューマー・企業向け・海外向け製品を年間約200万台を生産している。工場に足を一歩踏み入れただけで、その規模の大きさが感じられる。

富士通パソコン組み立て教室2019

この工場見学ツアーでは、「ネジ締め競争 」や「タイピング競争」などのゲーム仕立てのイベントを体験しながら工場のラインを見学する。子ども達は楽しみながら、パソコンの生産工程を学んでいた。

富士通パソコン組み立て教室2019

富士通パソコン組み立て教室2019
▲毎年人気のネジ締め競走 。電動ネジ締め の体験の後、ネジ締めのタイムを"匠"達と競う大会が開催された。なんと、神門社長も参加し、「最近やっていないからなぁ......」と言いつつも真剣にネジ締めに挑んでいた

富士通パソコン組み立て教室2019
富士通パソコン組み立て教室2019
工場で生産しているパソコンの最終チェックとして、性能を確認するテストを体験した。ゲーム仕立てで楽しめるキーボードチェックなどを全員で行い、そのスコアを競った。

日本発のプログラミング言語を学ぶ

工場見学から帰った後、3つめのお楽しみである「プログラミング教室」が行われた。教えてくれるのは、島根県で子ども達にプログラミング指導を行っているRubyプログラミング少年団理事長の高尾宏治氏だ。 高尾氏が開発したRubyの子ども向けアプリ「スモウルビー3」を使い、プログラミングの基本から、簡単なゲーム作成までを指導した。

富士通パソコン組み立て教室2019
富士通パソコン組み立て教室2019
▲昨年に引き続き高尾氏 が講師となり、子ども向けに開発されたRuby学習ソフト『スモウルビー3』を使い、プログラミングを学んだ

『スモウルビー3』は、プログラミング学習アプリとしてもっともポピュラーな『Scratch 3.0』をベースに作られている。そのため、Scratch経験者であれば、非常に操作しやすいものになっていた。さらに、この『スモウルビー3』は無料で公開されているので、自宅に帰ってからもプログラミングの続きをすることが可能だ。

富士通パソコン組み立て教室2019
▲『スモウルビー3』の画面。ブロック型の命令を組み合わせてプログラミングを行うので、初心者にもわかりやすい

富士通パソコン組み立て教室2019
▲自分で作ったばかりのパソコンを使い、プログラミングを行う子ども達

プログラミングで簡単なゲームを完成させ、4時間にわたる今年のパソコン組み立て教室は終了した。長時間の体験となったが、帰路につく参加者はみんな嬉しそうに出雲工場を後にしていった。

以上、「パソコン組み立て教室」の模様をお届けした。

昨年に引き続き2回目の取材となったが、今回も子ども達が真剣にそして楽しそうに組み立てていく様子を見て、改めて「ものづくり」の醍醐味を感じた。バラバラのパーツを自分の手で組み立てて、ひとつの大きな作品に仕上げていく過程は、何度やっても楽しい。この教室は、そうした「ものづくり」を親子で楽しめる貴重な機会といえる。

富士通パソコン組み立て教室2019
▲たくさんの家族のとびっきりの"笑顔"が見られたパソコン組み立て教室

後編では、神門 社長のインタビューと、島根富士通 の最新設備をご紹介していくので、ぜひそちらの記事もチェックしてほしい。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

32シェア
7
25
0

Sponsored Contents