Sponsored Contents

nianticの最新記事

Image credit:
Save

ポケモンGO台湾イベント「Safari Zone in New Taipei City」はお祭り状態! 現地リポートと注意点まとめ

日本から来てる人多いです

砂流恵介(Keisuke Sunagare), @nagare0313
2019年10月4日, 午後12:06 in Niantic
42シェア
9
33
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

10月1日(木)から10月6日(日)まで、台湾の台北市に隣接する新北市で、ポケモンGOのイベント「Pokémon GO Safari Zone in New Taipei City」が開催中です。日時は現地時間ですが、台湾と日本は1時間差なので、予定日としては変わりません。

筆者は初日を体験しましたが、電波障害もなく、ポケストップも多く、広大なためにごみごみすることなく、屋台も美味しすぎて最高でした!

Pokémon GO Safari Zone in New Taipei Cityは申し込み不要で参加費無料の「現地に行けば誰でも楽しめる」イベントです。

記事を読んだら、ポケモンGOのヘビーユーザーの方々はきっと行きたくなると思いますので、現地の様子と、遊びに行く方に向けた注意点などを速報でお届けします。

Pokémon GO Safari Zone in New Taipei Cityとは?

Engadget

台湾の首都である台北市に隣接する新北市で開催中の大規模なポケモンGOイベント。メイン会場は「新北大都会公園」。


【Pokémon GO Safari Zone in New Taipei City】
メイン会場:新北市三重区「新北大都会公園」
実施日時:2019年10月3日(木)〜10月6日(日)毎日午前10時から午後5時まで
交通案内:
桃園空港MRT「三重駅」1A出口
台北MRT中和新蘆線「三重駅」1番出口
どちらも徒歩数分

イベント公式サイト(日本語)


Engadget

今回の目玉ポケモンは、普段は南米にしか出現しない地域限定ポケモン「ヘラクロス」。日本で一度も出現したことがないポケモンなので、これを目当てに日本から来ている方も多いのでは(筆者もそうです)。

今回は空港からそのままMRT(電車)で行ける立地ということもあり、今まで台湾(台南・嘉義)で開催されたポケモンGOイベントに比べても多くの日本人を見かけました。

Engadgetほかにも、イベントではお馴染みの「アンノーン」も。今回は、「Pokémon GO Safari Zone in New Taipei City」の中からA・C・F・I・N・P・S・T・Rが出るようです。アンノーンに関しては、出るには出ますが文字数が多いのと、ほかのポケモンも大量に出ているので渋めな印象があります。持っていないアンノーンが表示されたら最優先でとりにいったほうがいいと思います。
Engadgetまた、色違いポケモンも数多くいるようです。代表的なポケモンは「ナゾノクサ」。イベントにかなり頻繁にでてくることもあり、色違いもゲットしやすいです。

Engadget

▲飛行機で隣だった方と会場で偶然すれ違って撮らしてもらいました

他には、ヒマナッツ、クヌギダマ、リリーラ、アノプス、ヤンヤンマ、ストライクなどの色違いがいます。

Engadget

イベントでは限定リサーチも実装されています。会場に出てくるストライクやナゾノクサなどが手に入るものが多かったのですが、珍しいものだと「おうじゃのしるし」が手に入ったり、「シンオウのいし」が入手できたりするものもありました。

会場内では、くさタイプ、みずタイプ、むしタイプのポケモンが大量に出てきます。ですが、筆者はサニーゴは確認できませんでした。「ついでにサニーゴも」と思っている方は注意が必要です。

Engadget会場の新北大都会公園はとにかく広く、いたるところにポケストップがあります。モンスターボールの枯渇などの心配はありません。


Engadgetまた、各チームのポケストップもありました。ギフト用にひとつは持って帰っときたいやつです。

いたるところに屋台!

Engadget

会場には、大量の屋台が出店しています。しかも、四方八方にあるので気軽に利用できる神仕様です。

台湾の名物である夜市の雰囲気があり、見ているだけで楽しいのと、めっちゃ美味しいので、現地に行かれる方はお腹を空かせてイベントに行くことをおすすめします。


Engadget
▲本場台湾のタピオカも堪能できます。

Engadget

▲各チームごとの休憩所もありました。

Engadget
▲ピカチュウや第8世代の御三家と記念写真も撮れます。

まとめ

Engadget

今回のイベントは環境も良く、電波障害もなく、屋台も美味しすぎて最高でした! ただ、めちゃくちゃ暑いです。天候によりますが、暑さ対策は必須だと思います(横浜イベントに行かれた方はあのときの暑さの再来なイメージで臨んでください)。筆者は日焼け止めを持っていかなくて後悔しました。台湾のコンビニにも売っているのでせめて日焼け止めと、タオルを持ってなければタオルは買っていった方がいいと思います。

日本では申し込み&抽選のイベントが多いですし、お祭り状態なイベントを味わいたいのなら「Pokémon GO Safari Zone in New Taipei City」はおすすめです。また、台湾でのポケモン熱は見ていてうれしくなると思います。

あと、電波状況は良かったです。筆者はiPhoneでdocomoの海外パケットパック海外オプション、Pixelは現地SIMを購入して会場入りしましたが、どちらも遅いと感じることはありませんでした(あ、ポケモンGOのアカウントは1つです)。

現地に行かれる方はぜひイベントと、台湾旅行を楽しんでください。

イベント公式サイト(日本語)




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: niantic, pokemon, Pokemon GO, pokemongo, taiwan
42シェア
9
33
0

Sponsored Contents