Sponsored Contents

googleの最新記事

Image credit:
Save

Google、トランプ政権が進める雇用拡大政策に署名

独占禁止法問題に対する政府の態度を軟化させるアピールという話も

中田ボンベ(Bonbe Nakata)
2019年10月4日, 午後04:30 in google
26シェア
4
22
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

10月3日(現地時間)、アメリカ大統領補佐官であるイヴァンカ・トランプ氏のイベントで、Googleのサンダー・ピチャイCEOが、「アメリカ政府が推し進める『Pledge to America's Workers(労働者への誓約)』に署名した」と発表しました。

『Pledge to America's Workers』はアメリカ国内の雇用拡大を目的とした誓約で、署名した企業は職業・技能訓練などのプログラムを実施することになります。今回の署名によりGoogleは、今後5年間で25万人の労働者に対して職業訓練プログラムを実施するほか、国内の100のコミュニティーカレッジでITスキルを学ぶためのトレーニングを行うとしています。

現在、Googleを含むアメリカの4大IT企業「GAFA」に対しては、アメリカ司法省が独占禁止法の疑いで調査を進めています。これに対して「GAFA」の幹部たちは影響力のある政治家と交流を図るなど、事態を変えるための行動を取っています。

今回の署名に対しては、独占禁止法問題など、Googleに対する政府の厳しい態度を軟化させることが目的なのではといううがった見方もあります。ホワイトハウスが今回の署名を受けてどのような行動に出るのかは分かりませんが、仮に何らかのポジティブな影響があったとすれば、他の企業もGoogleに続くかもしれません。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: CNBC
関連キーワード: amazon, apple, facebook, GAFA, google, politics
26シェア
4
22
0

Sponsored Contents