Sponsored Contents

Politicsの最新記事

Image credit:
Save

米下院に電子タバコのニコチン含有量規制案。10代への流行防止を考慮

EUの規制値に合わせます

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年10月8日, 午後01:00 in Politics
28シェア
6
22
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View

アメリカ議会下院に、電子タバコ製品の含有ニコチン濃度を制限する法案が提出されました。この法案では、ニコチン含有量を1mlあたり20mgに制限することで「大幅に中毒性が低下し、若者にも訴求できる」としています。

含有量の根拠はEUなどの規制を参考にしたもので、実際にEUでは20mg/mlをその規制値として採用しています。しかし、米国ではこれまでそのような規制がなかったため、例えばJUULのポッドでは59mg/mlとEU規制の3倍ものニコチンが含まれています。JUULによればこれは実際の紙巻きタバコのニコチン含有量と同等だとしています。

米国では電子タバコの高いニコチン含有量がニコチンへの抵抗の少ない10代の使用者増加の理由だという人もおり、一方ではこのニコチンのおかげでタバコをやめて禁煙に成功できると主張する人もいます。

法案を提出したRaja Krishnamoorthi下院議員は「電子タバコのニコチン濃度を下げれば、ニコチン依存や健康被害の可能性が低下する。ポッドに付けられたフレーバーに子どもたちは引き寄せられるものの、ニコチンが彼らを捕まえて離さないことが、彼らを一生やめられない中毒に引き込んでいる」としました。

米国ではここ最近、複数の州や自治体がフレーバー付き電子タバコの販売を法的に禁止し、複雑化する販売規制への対応が難しいとしてウォルマートなどの小売チェーン大手が販売を取りやめるなど、全体にフレーバー付き電子タバコの販売を禁止する方向へ動きつつあります。

ニコチン含有量と米国で多発した電子タバコに起因すると考えられる疾病との関係性はこれまで関連づけられたことはありません。しかし、病気になるか否かに関係なく、10代の若者たちが電子タバコを扱うことに関しては、将来的な健康被害の可能性などがないか心配する声も増加しています。米国では高校生の27.5%が電子タバコを使用したことがあるとしており、これは2018年に調査されたときの20.8%から増加しています。





広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

28シェア
6
22
0

Sponsored Contents