Sponsored Contents

smartdisplayの最新記事

Image credit:
Save

「Google Nest Hub Max」はカメラ搭載で便利度アップ、日本発売に期待──実機レビュー(石川温)

新時代の固定電話か

石川温
2019年10月9日, 午前11:45 in smartdisplay
98シェア
9
89
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View

先日、アメリカ・ニューヨークに出張してきた。

滞在中、アメリカでしか買えないものを手に入れようと家電量販店であるBest Buyに行ってきた。スマホ売り場にはサムスン電子の折りたたみスマホ「Galaxy Fold」が鎮座していた。店員に「在庫はあるかい?」と尋ねたところ「ない。でも、今週、入荷するかも」とのこと。

ニューヨークの滞在期間は3日間。Best Buyは、店舗の在庫状況をサイトでチェックできるのだが、3日間、ずっと在庫が入ってこないかどうか、チェックし続けた。結局、帰国便までには入荷せず。しかし、日本に着いたときには入荷していた。なんとタイミングが悪いことか。

ニューヨーク滞在最終日、Galaxy Foldが買えそうにないということで、日本未発売の「Nest Hub Max」を購入した。229.99ドルに税金で総額250ドルほど。グーグルが販売しているスマートディスプレイだ。

すでに日本でもグーグルは「Nest Hub」を販売中だ。7インチのタッチ対応ディスプレイにスピーカーが付いている。「OK、グーグル。おはよう」と話しかければ、挨拶してくれ、天気予報、さらにはニュースやその日のスケジュールを教えてくれる。

カメラ搭載はビデオ通話に便利

Nest Hubはすでに所有し、使っているのだが、日本で売られていないNest Hub Maxがどうしても気になっていた。Nest Hub Maxは11インチのディスプレイで、しかも前面にカメラが付いている。「室内にカメラ付きデバイスを置いてプライバシーは大丈夫か」という懸念があるが、しかし、カメラがあるとちょっと便利なんだろうと興味があったのだ。

enadget

Nest Hub Maxでは、グーグルのビデオ通話アプリ「Google Duo」が利用可能だ。

外出先のスマホから自宅にビデオ通話がしたくて、Nest Hub Maxを購入したのだった。

我が家は自分と妻、もうすぐ3歳の息子という3人家族で、これまでは、自宅に連絡する際、妻のiPhoneにFacetimeをしていた。しかし、自宅にいると、妻が必ずしもiPhoneの近くにいるということもなく、「Facetimeをかけても出ない」ということが頻繁にあった。

また、妻が家事をしている間に、息子と会話をしたいのだが、妻のiPhoneでFacetimeをするとなると、妻の家事の手を止めることになる。「3歳の息子と直接、ビデオ通話できる機器」を探し求めていたのだった。

そんななか、登場したのが「Nest Hub Max」なのであった。Google Duoを着信すると、まずは自分の顔が表示される。相手が誰かを確認後、「承認」を押せば、 ビデオ通話が始まる。3歳の息子も、着信音で着信に気が付き、「承認」を押せば通話が始まることはすぐに理解してくれた。これで、海外出張中なども、妻の手を煩わすことなく、息子とビデオ通話ができるというわけだ。

スマホ側の操作としては、「Google Home」アプリを起動。すると自宅の項目に「家に発信」というアイコンがあるので、ここをタッチすれば自宅にGoogle Duoをかけられる。Google Duoを使うには、ケータイの番号が必要なのだが、スマホの番号があれば、スマホにプラスして、自宅のNest Hub Maxも利用が可能となる。

Nest Hub Maxではカメラが着いたことで、画面を見ている人を認識できるようにもなった。複数の家族がNest Hub Maxを使っていたとしても、カメラがいま誰が画面を見ているかを認識し、そのユーザーにあった名前と情報を表示してくれるのだ。

顔の登録はスマホのGoogle Homeアプリから行う。これによって、リビングに置いてあっても、ユーザーに最適な情報を表示してくれるので、使い勝手がかなり増したように思う。

外出先から室内の様子もわかる

また、Nestアプリを使えば、外出先からカメラを起動し、家の様子を確認できるようにもなる。これこそ、家族の承諾が必要だが、長期間、家族で旅行する時、家を外出先からでも監視できるというのはかなり安心だ。ちなみに、画面の背面にはカメラとマイクを切ることができる物理的なスイッチも存在する。

engadget

実は日本国内でもすでにレノボが「Smart Display」を販売中だ。しかし、スピーカー部分が大きく、ちょっとかさばるデザインということもあり、購入を見送ってしまっていた。その点、Nest Hub Maxのほうがスッキリとしたデザインに仕上がっているので、気に入っている。

日本発売にも期待

 ここまで読み進めて「海外で売られているWi-Fi製品を堂々と使い、記事を書くなんてけしからん」とお怒りの技適警察の方がおられるかもしれない。

しかし、このNest Hub Max。実はちゃんと日本の技適が表示されるようになっている。現在は英語圏のみでの販売だが、グーグルとしては将来的に日本での販売も視野に入れているのだろう。10月15日にニューヨークでグーグルのイベントが開かれるが、その直後あたりに何らかのアナウンスがあるのかもしれない。

engadget




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

98シェア
9
89
0

Sponsored Contents