Sponsored Contents

personal computingの最新記事

Image credit:
Save

まるでコックピットなゲーミングチェア「Predator Thonos」、350万円で国内発売

通販で買えます

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年10月11日, 午後03:50 in personal computing
72シェア
6
66
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

日本エイサーは10月11日、SF映画やアニメに登場するロボットのコックピットのようなゲーミングチェア「Predator Thronos」の受注販売を開始しました。あわせて、ソフマップAKIBA2号店において常設展示も開始されます。

エイサーは2019年のIFAで、廉価版となるPredator Thonos Airも発表していますが、今回発売となったのは2018年のIFAで発表されたオリジナルのほう。オープン価格となっていますが、ソフマップドットコムおよびヨドバシドットコムでは、税込349万8000円で販売中です。ちなみに送料は無料。どちらも10%分のポイント34万9800ポイントが付きます。


Predator Thonosは電動リクライニングチェアに、背面から弧を描いたアームに三面マルチモニタを装着。モニタは、27型WQHDの湾曲ゲーミングモニタ「XZ271Ubmijpphzx」で、3台付属します。

ほかにも、ゲーミングデスクトップ「Predator Orion 9000」(第9世代 Core i9、GeForce RTX 2080 Ti SLI、RAM32GB、512GB SSD搭載)、ゲーミングヘッドセット、キーボード、マウスが付属。基本的にこれさえ買えば、ゲーミング環境が揃います。

Predator Thronos
なお、サイズは1660~1720 x 1750 x 1760~2250mmで、重さ約180Kg。PCやモニターを含めると200Kgを超えるので、設置場所には注意が必要そうです。

ただ搬入が出来るのなら、6畳あれば設置は可能なサイズです。他になにも置けなくなりそうですが、電動リクライニングするThronosなら、ベッド代わりにもなる......かもしれません。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

72シェア
6
66
0

Sponsored Contents