Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

macOS Catalinaアップデート後、メールデータの消滅や破損が複数報告

しばらくは純正メール使用を避けた方が無難かもしれません

Kiyoshi Tane
2019年10月13日, 午後03:05 in Apple
387シェア
96
291
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

Apple

macOS Catalinaにアップグレード後、アップル純正メールアプリ(Mail)のデータが消えたり破損し、それが同期機能によりiOSデバイス等にも反映される不具合が報告されています。

アップル純正Mailに対応したスパムフィルタ「SpamSieve」などの開発者Michael Tsai氏は、複数のユーザーからmacOS Catalinaへのアップグレード後に、メールデータが損失する不具合が生じたとの連絡があったとブログにて報告しています。

Tsai氏によると、OSアップグレード後にMail(バージョン13.0)を開くと、「メールデータの更新に成功しました」という趣旨のメッセージが出るものの、実際には大量のメッセージが不完全か完全に欠落していると判明したとのことです。

さらにメールをドラッグアンドドロップおよびAppleScriptにより他のメールボックスに移動すると、ヘッダーだけ残して空白のメッセージが発生する場合もあり。そしてメッセージがサーバーのメールボックスに移動されると、他のMacおよびiOSデバイスにも削除済みとして同期されることに。それが回り回って最初のMacにも同期され、メッセージも消えると述べられています。

Tsai氏は、こうした問題がかなり有害であると警告しています。なぜならユーザーは影響を受けるメッセージやメールボックスを確認しない限り、データの破損に気づかない恐れがあるため。そしてメールデータは絶えず変化しており、最新のバックアップデータをそれ以降のデータと統合する簡単な方法がないことも厄介と言えます。

とはいえ、過去のデータ復旧に割り切るなら、バックアップは有効な手段のはず。ところがアップル公式サポートは、メールデータを失ったユーザーに、Mojave上で作成したTime Machineバックアップから復元できないと教えているそうです。

Tsai氏いわく、これは間違いとのこと。Time Mashineにより以前のMail用データ保存フォルダを取得し、Mailの[ファイル]>[メールボックスを読み込む]から選択的にインポートは可能。このデータは新たなローカルメールボックス扱いのため、サーバー上のメッセージには影響しないと述べられています。

この報告のほか、アップル公式サポートでも「Catalinaでメール検索ができない」との問い合わせがあり、Gmailヘルプでも「Catalinaに更新してApple MailでGmailを管理していたら、送信済みボックスが空になった」との声も見受けられます。

今後のアップルの対応は現時点では不明ですが、メールデータの破損を避けたい場合は、Catalinaの純正メールは使用せず、Web版Gmailやその他のクライアントを利用する方が無難かもしれません。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Via: MacRumors
Source: Michael Tsai
関連キーワード: apple, bug, email, macOS Catalina, mail
387シェア
96
291
0

Sponsored Contents