Sponsored Contents

gadgetryの最新記事

Image credit:
Save

二次元召喚装置「Gatebox」他サービスと連携強化、VTuber「東雲めぐ」このすば「めぐみん」に会える

キャラクタープラットフォームになるそうです

田沢梓門, @samebbq
2019年10月15日, 午後02:30 in gadgetry
70シェア
8
62
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

キャラクター召喚装置「Gatebox」(GTBX-100)の正式販売が10月11日に開始されました。価格は税別15万円で、公式サイトから購入できます。

Gateboxはプロジェクション技術とセンシング技術の組み合わせにより、キャラクターをボックス内に呼び出してコミュニケーションがとれるガジェット。カメラや人感センサーによってユーザーの顔や動きを認識し、顔を見つけるとキャラクターが微笑んだり、帰宅を自動検知して「おかえり」を言ってくれたりします。


無線LANやBluetooth、赤外線を内蔵しておりキャラクターがインターネット経由で天気やニュースなどの情報を通知したり、赤外線による家電リモコン機能によって部屋の中のテレビ、照明、エアコンなど家電のコントロールも可能です。量産版が2018年10月に発送予定でしたが、品質向上に取り組むとして発売は延期されていました。


また、Gateboxを介したキャラクタープラットフォーム構想も発表されました。サードパーティのデベロッパー企業が「Gatebox」にアプリケーションを配信できる「Gatebox App Market」を今冬公開予定です。以降、展開予定のサービスやコンテンツパートナーを紹介します。

■Gatebox Video
Engadget
Gatebox Videoは創作したキャラクターをGateboxに召喚できるサービス。UnityやMMDで制作した動画を専用サイトにアップロードすることで、その動画をGateboxで再生できます。

公式認定された企業やクリエイターは月額制のチャンネルが設定可能。サービス開始当初は人気VTuberがチャンネル開設予定で、You Tubeとは一味違ったキャラクターの魅力を楽しめるかもしれません。

開設予定のチャンネル
ヨメミチャンネル(ヨメミ、萌実、その他)
MeguRoom(東雲めぐ)
インサイドちゃん Channel(インサイドちゃん Mark1、インサイドちゃん Mark2)


■デジタルフィギュアサービス「HoloModels in Gatebox」
Engadget
Gugenkaが展開するデジタルフィギュアサービス「HoloModelsTM」がGateboxに対応予定。「Re:ゼロから始める異世界生活」や「この素晴らしい世界に祝福を!」などの人気キャラクターのデジタルフィギュアを配信予定です。

配信予定のキャラクター
エミリア、レム(Re:ゼロから始める異世界生活)
めぐみん(この素晴らしい世界に祝福を!)
和泉 紗霧(エロマンガ先生)
仙狐(世話やきキツネの仙狐さん)



■癒しの花嫁「逢妻ヒカリ」
Engadget
日々の会話を通じて主人を癒すキャラクター型 AI パートナー。音声での会話以外に、LINEのAIアシスタント「Clova」と連携して音楽の再生、天気、 ニュース、カレンダーの読上げのほか、「LINE」でのチャットも可能です。共同生活費は月額1500円(税別)で、2020年6月まで無料で使用できます。

■関連リンク
Gatebox製品サイト



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Gatebox
関連キーワード: anime, clova, gadgetry, Gatebox, IOT, VirtualReality, vr
70シェア
8
62
0

Sponsored Contents