Sponsored Contents

wearablesの最新記事

Image credit:
Save

バチカン、スマホ連携するスマートロザリオ「eRosary」を発売

活動量計としても使えます

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年10月17日, 午後12:30 in wearables
267シェア
53
214
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

カトリック教会の総本山であるバチカンが、普段はブレスレットとして身に着けられ、必要に応じて祈りを捧げる作法を学ぶことができるスマートデバイス「Click to Pray eRosary」を発売します。価格は99ユーロ(約1万2000円)。

eRosaryは、10個の黒メノウとヘマタイト、そして十字架を模したスマートデバイスから構成されており、普段は活動量計として歩数や消費カロリー、睡眠ログなども記録できます。さらにバチカン公式アプリとも連携し、伝統的な祈りの作法を学ぶことが可能。アプリは、祈りに集中するためのBGM機能なども備えています。

eRosary

一見すると、何か悪ふざけ的な冗談なのかとも思えますが、これはいたって真面目なプロジェクト。主に若者が平和のために祈りを捧げ、福音について熟考するのを支援する技術ベースの教育ツールと位置付けています。

またバチカンは、このeRosary以前にも、ネット上で教皇の意向に一緒に祈りを捧げる「教皇による祈りの世界ネットワーク」を実施しており、この公式プラットフォームとして、2019年1月に「Click to Pray」を開設。クリックで祈りを捧げたことを示せます。

さらに過去にも、2008年にはカトリックの祈りの言葉をまとめたiPhoneアプリをリリース。教皇自らがintagramアカウントを開設したり、メッセージアプリのTelegramを使って福音の朗読を行うなど、インターネットやスマートフォンを積極的に活用してきました。

こうした新しいものを積極的に取り入れていくバチカンの姿勢は、何事においても見習いたいものです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

267シェア
53
214
0

Sponsored Contents