Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

Apple Watchの組み立ては儲からない? 台湾クアンタが取りやめとの噂

対中制裁関税のしわ寄せかも

Kiyoshi Tane
2019年10月18日, 午後12:20 in Apple
37シェア
9
28
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

Apple Watchの主要サプライヤーであるクアンタ・コンピュータ(Quanta Computer)が2020年内に、組み立てを取りやめるかもしれないとの噂が報じられています。

台湾の電子業界情報誌DigiTimesの業界情報筋によると、同社は「利益の懸念」からApple Watchの組み立て注文をやめる可能性が高いとのこと。さらに中国・江蘇省の常熱市にある組み立て工場を売却するかもしれないと伝えられています。

クアンタは初代モデルがリリースされて以来、主要なApple Watch組み立てサプライヤーでした。が、昨年のApple Watch Series 4から、同じく台湾メーカーであるコンパル・エレクトロニクス(Compal Electronics)が二次サプライヤーとして加わったとも伝えられています

米トランプ政権の「対中制裁第4弾」によりApple Watchには9月から15%もの関税が課されていますが、その後も米国でのApple Watch価格は引き上げられないままです。その分をアップルが吸収している可能性も高く、組み立てサプライヤーに対するコストダウンの要求もいっそう厳しくなっているのかもしれません。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

37シェア
9
28
0

Sponsored Contents