Sponsored Contents

Spaceの最新記事

Image credit:
Save

アンダーアーマーが「宇宙服」を開発。Virgin Galacticの宇宙旅行客向け

デザインと機能性をバランス

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年10月17日, 午後01:00 in Space
87シェア
12
75
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

宇宙旅行ビジネス開始も近づいてきたVirgin Galacticの、乗客向け宇宙服が公開されました。製作するのはスポーツ用品メーカーのUnder Armourで、その宇宙服はまるでSF映画に登場しそうな、スリムなシルエットになっています。

前日にNASAが公開した宇宙服は実際に船外活動を行ったり、非常時の減圧した環境下でも長時間の生命維持が求められるため、実績があるこれまでの宇宙服をモディファイしたような雰囲気でしたが、Virgin Galacticの場合は乗客が数分間の宇宙飛行を楽しむためのものであるため、よりスタイリッシュなデザインを採用し、雰囲気を楽しめるものになっていると言えるでしょう。

宇宙服はベースレイヤー(下着)、スペーススーツ(宇宙服)、ブーツで構成され、ベースレイヤーは汗を蒸散しつつ身体が発する熱を遠赤外線に変換して表面温度を調節するアスリート向け素材のUA RUSHを改良して採用しています。

Under Armour

宇宙服はベースレイヤーと統一されたダークブルーの色使いですが、宇宙空間で目にするであろう太陽光線にインスパイアされたゴールドのアクセントが配されています。

Under Armourいわく、この宇宙服はVirgin Galacticのパイロットやインストラクター、機体開発エンジニア、医療専門家によるテストをくり返して開発されたとのこと。ただの服ではなく、左腕には通信システムと将来的にパイロットと会話するための通話ボタンがあります。さらに乗客が必要とするであろうものを収納するためのポケットもいくつか備えています。たとえば宇宙服内側には家族や親しい人の写真を入れるクリアポケットがあったり、足の部分にも大きめのポケットがしつらえてあります。

なお、ミッション(というよりは1度の宇宙旅行)ごとに作られるミッションパッチは脱着可能で、地上への帰還後にはそれを取り外して、日常向けに用意されるフライトジャケットに取り付けられるようになっています。

さて、宇宙服はバッチリそろえたとしても、足下が雪駄やサンダルなんかだとさすがに雰囲気も締まりません。Under Armourが用意したのは、微妙なペダル操作を要求されるレーシングドライバーが履くシューズから着想したという、これまたスタイリッシュなブーツです。ほかの惑星に着陸して船外活動をするわけではないので、気密性や耐久性ではなく、軽量さや歩きやすさを重視して設計されたとのこと。

Under Armour

Virgic Galacticの宇宙旅行事業には58か国600人以上の顧客がすでに予約済み。ヴァージン・グループ総帥のリチャード・ブランソン卿も、最初の乗客のひとりになるべくトレーニングを開始したとされ、墜落事故といった悲劇を乗り越えて進めてきた長年にわたる機体開発や最初のフライトに向けた準備も、そろそろ大詰めを迎えつつあるようです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

87シェア
12
75
0

Sponsored Contents