Sponsored Contents

Mobileの最新記事

Image credit:
Save

iPad版Illustrator、Adobe MAXで発表か。フル機能搭載で2020年リリースのうわさ

Adoce MAXは11月2日開催

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年10月22日, 午後01:40 in Mobile
293シェア
27
266
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

Adobeがドロー系画像編集ソフトIllustratorのiPad版アプリを、11月に発表する見込みです。Bloombergが伝えたところでは、11月2日に開催されるAdobe MAXカンファレンスで、フル機能を持つiPad版が公開されるとのこと。

AdobeはiPad向けアプリとしてラスターおよびベクター画像両方を扱えるAdobe Frescoを提供していますが、やはりそれでは不十分と考えるクリエイター向けに長年Adobeの看板ソフトのひとつを提供することになります。Bloombergは、Adobeの広報担当者はこのうわさを確認する質問に対して肯定も否定もせず「現時点で共有できる情報は何もありません」と返答しました。

もうすぐリリースされるiPad版Photoshopと同様に、Illustratorのフル機能iPad版が提供されれば、それはAppleとAdobe双方にとって利益を生み出すことが予想されます。たとえば既存のIllustratorユーザーは、これまでPCがなければ完結できなかったドロー系の処理が、iPadで可能になるのならそれを試してみたいと思うはず。またiPadを入り口とする初心者ユーザーが新規にCreative Cloudに加入することで月額ユーザーの増加も見込めます。

一方でAppleは、iPadがノートPCを置き換えるパワーを持つ優れたタブレットだとアピールでき、iPadのステータス向上とともに、これまでタブレットを敬遠してきた人々を取り込み、さらにそこからユーザーをMacBookシリーズやデスクトップMac / Mac Proへと導くルートも作り上げられるかもしれません。

iPad版Photoshopはもうじきリリースされると伝えられているものの、8月に配布されたベータ版にはベクター編集機能を初めいくつかの主要な機能がまだ含まれていなかったとされます。これらは将来的なアップデートで追加されるとされています。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

293シェア
27
266
0

Sponsored Contents