Sponsored Contents

todayの最新記事

Image credit:
Save

2014年10月24日、ヘッドホンなのにハイレゾ対応USB DACを内蔵した「MDR-1ADAC」が発売されました:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、ニュース、記念日など、気になった話題をピックアップ

今日は何の日?
2019年10月24日, 午前05:30 in today
28シェア
4
24,"likes":15
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
ハイレゾ音源を楽しむためには、プレーヤーからDAC、アンプ、ヘッドホンまで、すべてハイレゾ対応のものでそろえる必要があります。

このうちDACとアンプを内蔵し、手軽にハイレゾが楽しめるヘッドホンとして登場したのが「MDR-1ADAC」。この製品が発売されたのが、2014年の今日です。

通勤ではスマートフォンで楽しみ、家ではPCで楽しむといったように、機器によらず手軽にハイレゾ環境が構築できるというのが面白い製品でした。

入力はデジタル接続端子、microUSB、ステレオの3つ。アナログ接続となるステレオ入力の場合はDACがスルーされますが、ハイレゾ対応となるデジタルアンプ「S-Master HX」は利用できますので、ハイレゾ対応プレーヤーからの音が劣化する心配はありません。

today

欠点があるといえば、デジタル接続でハイレゾ再生(最大192kHz/24bit)ができるのはXperiaとウォークマン、そしてPCだけだということ。他社製のスマートフォンやiPhoneの場合、(対応機器を見てもらえるとわかるように)最大48kHzに制限されてしまいます。

とはいえiPhoneの場合、カメラアダプターとPC用のケーブル、そしてハイレゾ再生に対応したアプリを使うことで、ハイレゾ再生できるようになるそうで。こういった回避方法がユーザーに発見されているというのが面白いですね。

ハイレゾ再生に対応した機器が増えた現在では、DACとアンプまで内蔵するヘッドホンは過剰装備となってしまいますが、再生機器によらずいつでも似た音質で楽しめるという点では、今でもメリットがありそうです。

today

10月24日のおもなできごと

2001年、アップルが初代iPodを発表
2006年、携帯電話番号を変えずに乗り換えられる「MNP」が開始
2013年、ドコモが3日使える「ARROWS NX F-01F」を発売
2014年、ソニーが小型化したアクションカム「HDR-AZ1」を発売
2014年、ソニーがDAC内蔵ハイレゾヘッドホン「MDR-1ADAC」を発売
2014年、シグマがレンズ一体型デジカメ「SIGMA dp1 Quattro」を発売



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

28シェア
4
24,"likes":15
0

Sponsored Contents