Sponsored Contents

Transportationの最新記事

Image credit:
Save

「2030年のLEXUS」LF-30 Electrifiedコンセプト発表。電動化と運動制御融合、後席に人工筋肉?

シートベルトを忘れずに

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年10月24日, 午後07:35 in Transportation
65シェア
9
56,"likes":40
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

トヨタの高級車ブランド レクサスが、東京モーターショーで「2030年のレクサスEV」を示唆するという LF-30 Electrified を公開しました。

いかにもコンセプトカーですと言わんばかりのやり過ぎ感みなぎるフロントマスクに目をつぶれば、電動化によってエンジンルームがなくなり、その分前に張り出したガラスウィンドウがルーフを通ってそのままテールへ流れる部分はきれいにまとまった"未来的のクルマ"になっています。

2030年ともなれば完全自動運転技術が実用化されていると思われ、LF-30 Electrifiedもやはり"ショーファー"と称する自動運転モードを搭載しています。それでいてこのクルマが運転席を備え、ドライバーがクルマを操る楽しみを省略してしまっていないことに好感を持つ人もいることでしょう。

そのハンドルはステアバイワイヤー化され、ステアフィールも好みに合わせて変えられます。運転席のステアリングは航空機の操縦桿のようであり、リリース文によれば助手席は旅客機のファーストクラスからインスピレーションを得たデザインを採用しました。
さらに、後部座席は「人工筋技術」を使用して乗員の体型にフィットします。人工筋がどういうものかは想像しにくいものの、シートの背もたれ部分などが自在に形状を変えられるということのようです。ほか、ヘッドレスト内蔵のスピーカーはノイズキャンセル機能を備え、静粛性も向上します。

車載AIは音声認識や個人が持つ"コントロールキー"と称する端末に連携し、エアコンやオーディオ、ナビゲーション設定などが可能です。

各車輪に備えるインホイールモーターは完全に独立して制御され「前輪駆動、後輪駆動、AWDなど、走行シーンに応じた適切な駆動方式を提供」するとのこと。また航続距離500km、110kWhのバッテリーはワイヤレス充電機能に対応し、ガレージに駐車するだけで充電が可能。毎日の利用スケジュールに合わせた充電制御も行います。

運転補助機能としては高度安全運転支援の"ガーディアンモード"も備え、さらにこれまでに開発してきた電動化技術と運動制御技術を総合した「Lexus Advanced Posture Control」技術によって自動駐車機能、自宅ガレージから玄関までの出迎え機能を実現するとのこと。


なんとなく「テスラ車で見た機能」がちらほら見受けられるものの、駐車場での自動出迎え機能などを見れば、テスラは先進機能を早く世に出し使ってもらうことで熟成させていくスタイルと言えます。ただこの方法は、開発の加速が期待できる一方でリスクもあり、多くの自動車メーカーはより慎重な開発姿勢をとっています。LF-30 Electrifiedの機能も、いまはまだまだ発展途上にある技術ばかり。これらが2030年にどれだけあたり前になっているか、いまから楽しみです。


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

65シェア
9
56,"likes":40
0

Sponsored Contents