Sponsored Contents

iPhone Tipsの最新記事

Image credit:
Save

その音量、大丈夫?iOS 13の「ヘルスケア」でヘッドフォン難聴を防ごう:iPhone Tips

より長く音楽を楽しむために

124シェア
27
97,"likes":56
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View
「ヘッドフォン難聴」という言葉を知っていますか? 「音響外傷」とも呼ばれるこの難聴は、ヘッドフォン・イヤフォンを使って長時間または大音量で音楽を聴き続けることによって引き起こされます。このヘッドフォン難聴になると、耳鳴りや耳が詰まったような感じ、音が聞き取りにくいといった症状が現れます。初期段階では症状を自覚しにくく、治療が遅れるケースが多いそうです。現在、重症化したヘッドフォン難聴に対する治療方法は見つかっていません。

上の文章を読んでドキッとしませんでしたか? 大きな音は耳に悪いとわかっていても、電車や人混みの中、集中したいときやストレスを発散したいときなどは音量を上げてしまいがち。でも、それが積み重なると、大好きな音楽を二度と楽しめなくなる日が来るかもしれません。そうならないために、適度な音量レベルで音楽を聴きたいですよね。

iOS 13からは「ヘルスケア」アプリに「聴覚」というカテゴリが追加されました。そのなかの「ヘッドフォン音量」は、ヘッドフォンで不必要なほど大きな音を鳴らしていないかを計測してくれます。今回は、その「ヘッドフォン音量」の設定方法とデータの見方をご紹介。iPhoneで、ヘッドフォン・イヤフォンを使って音楽を聴く習慣がある人は必見です。

Gallery: ヘルスケアで難聴予防 | 10 Photos

10

「ヘッドフォン音量」の設定をする

最初に、ヘッドフォン・イヤフォンで音楽を聴くときに音量が計測されるよう設定を行いましょう。「設定」を開き、そのなかの「プライバシー」をタップします。続いて「ヘルスケア」で「ヘッドフォン音量」を開きましょう。

iPhone▲「設定」を開きます(左)。「プライバシー」をタップ(右)


iPhone
▲「ヘルスケア」をタップ(左)。「ヘッドフォン音量」を開きます(右)

次に、「測定レベル」をオンにします。EarPodsで音楽を聴いている人はこれで設定完了です。その他のデバイスを使っている人は、下の「その他のヘッドフォンを含む」も一緒にオンにしましょう。


iPhone
▲「測定レベル」をオンに(左)。EarPods以外のヘッドフォン・イヤフォンを使用している人は、「その他のヘッドフォンを含む」をオンにしましょう。有線にも対応しています(右)

設定はこれで完了ですが、「ヘルスケア」アプリでこの「ヘッドフォン音量」をお気に入りに加えておきましょう。アプリを開いたときに、すぐ計測結果を確認できるようになります。「ヘルスケア」を開き、画面右下の「ブラウズ」をタップ。「聴覚」を開きます。

iPhoe
▲「ヘルスケア」アプリを起動(左)。画面右下の「ブラウズ」をタップして「聴覚」を開きます(右)

次に、「ヘッドフォン音量」をタップして画面をスクロール。「オプション」の「よく使う項目に追加」の「☆」アイコンをタップします。これで、「ヘッドフォン音量」がアプリのホーム画面である「概要」に追加されました。あとは、いつものようにYouTubeや「ミュージック」アプリで音楽を聴くだけです。

iPhone
▲「ヘッドフォン音量」を選択(左)。「オプション」の「よく使う項目に追加」の「☆」アイコンをタップし、「ヘッドフォン音量」を「概要」画面に追加しましょう(右)

測定結果を見る

次に、「ヘッドフォン音量」を使うとわかることをご紹介します。暇さえあればヘッドフォンを使い、YouTubeで音楽を聴いている筆者が1週間ほどこの機能を使ってみました。さっそくアプリを開き、「概要」画面の「ヘッドフォン音量」をタップして計測結果を見てみましょう。
iPhone
▲「ヘルスケア」アプリを開きます(左)。「概要」画面の「ヘッドフォン音量」をタップ(右)


画面上部では、どれくらいの音量と時間で音楽を聴いていたかをグラフで確認できます。時、日、週、月、年ごとにかなり細かく計測されていて驚きました。適度な音量の上限である80dBを超えなければ、「OK」のマークが表示。それ以上になると「大」が出て警告してくれます。いつもかなり大きな音で音楽を聴いていたつもりでしたが、思ったよりも「大」が出ていなくてひと安心。とは言え、80dBギリギリの音量が続いているので自重しようと思います。

iPhone
▲どのくらいの音量で音楽を聴いているかを、時、日、週、月、年ごとにグラフで確認できます(左)。80dB以下のサウンドレベルの場合は「OK」、それ以上の場合は「大」と表示されます(右)

画面をスクロールしていくと、7日間の音量の平均や聴いていた合計時間も確認可能。その週は月曜日が祝日だったため、より長い時間音楽を聴いていたことが判明しました。自分のが普段どんな風に音楽鑑賞をしているのかが分かって楽しいです。

iPhone
▲過去7日間の音量の平均や、音楽を聴いた合計時間も確認できます。長時間の音楽鑑賞もヘッドフォン難聴の原因のひとつなので、もう少し耳を休ませる時間を取ろうと思います(左)。今日と昨日、今週と先週の音量の比較も確認できます(右)

素人がざっとデータを見たに過ぎませんが、「普段からもうちょっと音量を下げて聴こう」とか、「休みの日は長時間聴きがちだから、耳を休ませる時間を取ろう」など、いろいろと改善点が出てきました。さらに、「"ヘルスケア"のことをもっと知る」の「聴覚・聴力が重要な理由」をタップすると、音が聞こえる仕組みや聴力を保護する方法など、聴覚に関する知識を深めることができます。

iPhone
▲「"ヘルスケア"のことをもっと知る」をタップ(左)。音が聞こえる仕組みや騒音レベルなどを確認できます。80dBは掃除機や笛吹きケトルと同じ騒音レベルなんだとか。そのレベルの音がずっと耳元で鳴り続けていたら、耳を傷つけてしまうのは当然ですね(右)

この「ヘッドフォンの音量」は、ヘッドフォン・イヤフォンをつけてゲームをする習慣がある人にもぜひ使ってほしい機能です。最近のゲームアプリはサウンドが優れていたり、豪華な声優を起用したりしているものが多いので、大きな音で長時間プレーしてしまう人も多いと思います。そういう人も、この機能で音量レベルや時間を計測し、自分の耳を守りましょう。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: healthcare, ios, ios 13, ios13, iPhone, iPhone Tips, music, sound, Tips
124シェア
27
97,"likes":56
0

Sponsored Contents