Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

将来のiPhone画面にApple Watchと同じ省電力技術が採用されるとの噂

Series 5の常時点灯画面を実現した技術です

Kiyoshi Tane
2019年10月26日, 午後12:05 in Apple
57シェア
6
51,"likes":46
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

Apple

将来のiPhone用ディスプレイに、Apple Watch Series 4以降に採用された「LTPO」と呼ばれるバックプレーン(回路基板)技術が搭載されるとの噂が報じられています。バックプレーン技術とは、ディスプレイ上の個々のピクセルのオンオフを切り替えるものです。

韓国メディアThe Elecによると、アップルはLTPOパネルの採用をiPhoneにも広げようとしているとのこと。その実現にあたっては、中小サイズの有機ELディスプレイの分野で技術力と生産力を合わせ持つサムスンディスプレイと連携しなければならないとも伝えられています。

低音多結晶酸化物ことLTPOは、現行のiPhoneに用いられたバックプレーン技術であるLTPS(低温ポリシリコン)よりも最大15%もの省電力が見込めるもの。つまり、その採用はiPhoneのバッテリー持続時間の延長につながるかもしれないわけです。

Apple Watch Series 4およびSeries 5では、LTPOディスプレイが搭載済みです。アップル公式サイトの説明では、常時点灯画面を実現したSeries 5モデルでも、本技術によりSeries 4と同等の18時間ものバッテリー持続が可能になったと謳われています。
LTPO
アップル製品において有機ELディスプレイへの移行は、2015年の初代Apple Watchに始まり、2017年のiPhone Xへと続いています。すなわち画面サイズの小さなデバイスで採用してから、より技術的な難度が高い大きなデバイスに採用されているということ。

そうした「Apple WatchからiPhone」への前例や、iPhone 11シリーズではバッテリー持続時間の改良に注力されていたことを考えると、iPhone2020年モデルには早々にLTPOが搭載されるのかもしれません。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

57シェア
6
51,"likes":46
0

Sponsored Contents