Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

iPhone 5は11月3日までにiOS 10.3.4アップデート必須。アップルが警告

第4世代iPadやiPhone 4sもアップデート推奨です

Kiyoshi Tane
2019年10月27日, 午後09:05 in Apple
732シェア
119
613
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

AP Photo/Marcio Jose Sanchez

アップルは7月、過去モデル向けにiOS 10.3.4(iPad 4/iPhone 5向け)およびiOS 9.3.6(iPad 2/iPad 3/iPad mini/iPhone 4s)のアップデートを配信しました。これらはGPS週数ロールオーバーに伴い、古いiPhoneやiPadが正確なGPS位置情報を維持するためのものです。

この問題が特に深刻なiPhone 5のユーザーに対して、アップルが「11月3日までにiOS 10.3.4にアップデート必須です」という警告メッセージを送っていることが報じられています。

対象となるiPhone 5の画面には、ことの重大さを知らせるためか、以下のような大きめのダイアログが表示。「App StoreやiCloud、電子メールやWebブラウザやその他のオンラインサービスを使用し続けるためにはアップデートしてください」と呼びかけています。
ios
アップル公式サイトでも、詳細を説明するサポート文書が用意されています。影響が出始めるのは協定世界時(UTC)の11月3日午前0時から、日本時間では11月3日の午前9時以降となります。

もしも11月3日までにiPhone 5のアップデートを終えていない場合は、ワイヤレス(OTA)でのソフトウェアアップデートや、iCloudバックアップが機能しなくなるため、MacやWindowsを使ってバックアップおよび復元しなければアップデートできなくなります。

この問題は上記のアップデート対象となっているiPhone 4sやiPad 2、初代iPad miniなどにも影響するもの。該当するデバイスを持っている方は、[設定]>[ソフトウェア・アップデート]からiOSを更新しておくことをお勧めします。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Via: 9to5Mac
Source: Apple
関連キーワード: apple, appstore, bugfix, gps, icloud, ios, ipad, iphone, Iphone5, mail, WebBrowser
732シェア
119
613
0

Sponsored Contents