Sponsored Contents

docomoの最新記事

Image credit:
Save

ドコモ、3G携帯「FOMA」と「iモード」を2026年3月末でサービス終了

さらばガラケー時代

石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年10月29日, 午後03:13 in docomo
3835シェア
292
3543
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

NTTドコモは3G携帯電話サービス「FOMA」と3G向けのネットサービス「iモード」を2026年3月31日をもって終了すると発表しました。

FOMAはドコモが2001年の最初の3G携帯発売時から展開しているモバイル通信サービス。2001年当時としては高速な下り最大384kbpsの通信からスタートし、しだいに高速化。2011年には5700万契約を記録しました。以前の決算説明会では2020年代半ばに終了と予告されていました。

iモードの1999年の2G時代に遡る歴史を持つサービスで、FOMA携帯でドコモメールやネットサービスを使うのは必須のサービスでしたが、スマートフォンの登場により終了となりました。「iチャネル」「iコンシェル」といったiモード関連の一部のサービスについては、今後終了時期が案内されます。

NTTdocomo
NTTdocomo

決算会見にてiモード終了について所感を問われたNTTドコモの吉澤社長は、以下のようにコメントしました。

iモードはモバイルインターネットのはしりで、かつモバイルインターネットの拡大に貢献した。一方で、iモードのコンテンツやアプリは実際にはほとんどがスマートフォンに引き継がれている。サービス終了は時代の流れの趨勢として受け止められるのかなと思っている


ドコモ吉澤社長
iモードはサービス開始から25年で終了と、モバイル通信の中ではPHSに並ぶ息の長いサービスと言えます。今では世界中で使われている絵文字もiモード発祥のサービスで、ニューヨーク近代美術館(MoMA)には初代iモードをかたどった絵文字が収蔵されています。1999年当時iモード開発に携わり「絵文字の父」とも称される栗田穣崇氏(現ドワンゴCOO)は自身のTwitterにてiモードを開発当時をふり返っています。


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: 3G, docomo, FeaturePhone, FOMA, imode, mobile
3835シェア
292
3543
0

Sponsored Contents