Sponsored Contents

airpods proの最新記事

Image credit:
Save

AirPods Pro実機レビュー。やわらかフィットで感動のノイズキャンセリング体験

私の耳からも外れにくくなりました

矢崎 飛鳥, @ACCN
2019年10月29日, 午後09:00 in airpods pro
446シェア
73
373
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View
Appleがノイズキャンセリングと遮音チップを採用した第3世代となるAirPodsの新モデル「AirPods Pro」を発表しました。10月30日の発売に先駆け、短時間ですが実機を試す機会がありましたので、そのインプレッションをお届けします。

結論から先にという方には「買いです」とお伝えしておきます、もうポチったあとかと思われますが......。個人的には、子供のころ初めてウォークマンのイヤホンで両耳を塞ぎ、ステレオで音楽を聴いたときの感動体験を思い出しました(ノイキャン初体験ではありませんよ、念のため)。


早速、開封しますか?

Engadget
▲いいえ、しません......という選択肢すら浮かんでくるほど綺麗なパッケージ。AirPods Proの実寸写真がエンボスであしらわれており、側面のロゴや印字は銀箔......どうせまたたくさん出てくるであろう模倣品との見分けは、まずここからですな。

Engadget
▲後述しますが、中央にあるのがAirPods Proに付属するサイズ違いのイヤーチップ。別売もされます。付属のLightningケーブルは今回からUSB-C - Lightningケーブルになりました。やりぃ!

Engadget
▲充電ケースは横長になりました。

Engadget
▲第2世代までのケース(右)と比べると、こんな。よってサードパーティ製カバーは流用できません。

Engadget
▲裏側です(この調子でやってたら一向に先へ進まない気がしますが、隅々までご覧になりたい方もいらっしゃると思うので......)。ボタンは、例によってあまり使わない設定ボタンというやつでございます。

Engadget
▲もちろん、ワイヤレス充電に対応しています(充電器は別売)。充電速度に変化はないそうです。

Engadget
▲パカッと開けると、L Rそろって鎮座しております。初回ならペアリングが始まりますが、もう少し隅々見てからでもいいですか? しつこくてスミマセン。

Engadget
▲Proになって形状もガラリと変わりました。何に似ているとかは、私はまったく興味ありませんので。黒い部分は、上部がマイク、下部がセンサー。マイクはイヤーチップ側にも内蔵されており、耳の中と外の音を毎秒200回調整しながらノイズキャンセリングを実現しているのです。

Engadget
▲右に第2世代を置いてみました。

Engadget
▲おわかりのように耳から垂れ下がる部分は少し短くなっています。フラットになっている部分はフォースセンサーといい、タップするのではなくここをつまむように操作します。感圧センサーが内蔵されており、物理的には押せませんが押したような触感とクリック音を返してきます。iPhoneユーザーならピンとくるハズ。誤操作はかなり減るんじゃないかしらと。

Engadget
▲実際の操作は、こんな感じですね。これまで通りの楽曲の再生操作に加え、ホールドすることでノイズキャンセリングのオン・オフや外音取り込みモードへの切り替えも行なえます(後述)。

フィット感かなりよくなったと思う!

Engadget
▲個人的には、これまでのAirPodsはどうもしっくりと来なかったのですが、Proはすご〜くしっくり来ました! それでいて窮屈な感じがまったくしない。工場出荷時にはイヤーチップMが装着されているのですが、私はそのままでいけました。ちなみに今回、いけてるかいけてないかは自分で判断しなくて済みます。こちらも後ほど......。

Engadget
▲Proと第2世代を通りすがりの方に装着してみてもらいました。どなたか存じませんが、ご立派な福耳のおかげで第2世代もしっくりと安定していますな。私は、そうはいかなかったんですよねー。

さて、ペアリングの前に...

Engadget
▲AirPods Proを使うには、iOSを最新版にしておく必要がございます。理由とかはさておき、とりあえず今日中にやっておきましょう。


Engadget
▲蓋をオープンするだけでペアリング開始。丁寧な操作ガイドがいくつか流れます。H1チップなので、同じiCloudアカウントでログインしたデバイス間での連携も楽々。これですよね。

ノイズキャンセリングはオン・オフ自在

Engadget
▲iPhoneのBluetooth設定で、接続中のAirPods Proのアイコン右にある(i)をタップすると、フォースセンサーの挙動を変えることができます。デフォルトはノイズキャンセリングと外部音取り込みの切り替えになっています。ノイズキャンセリングをオフにしてこれまでのAirPodsのようにも使えますが、バッテリー駆動時間はさほど変わりません(連続駆動時間にして30分程度の差)。

Engadget
▲iPhoneのコントロールセンターをシュッと呼び出し、ボリューム部分(AirPods Proのアイコンが出ている)を押し込むと......。

Engadget
▲この画面でもノイズキャンセリングのオン・オフや外部音取り込みを選択できます。さらにApple Watchからの操作も可能(要watchOSアップデート)。

ノイズキャンセリングの効き目はかなり凄い

ペアリングしたAirPods Proを装着してみて、音楽を流す前から「え、こんなに?」と声が出てしまうほど、周囲のサーッという音が綺麗にカットされ、静かだと思っていた部屋もこんなに常時、雑音があったのだと驚いてしまいました。

ノイズキャンセリングのオン・オフや外部音取り込みモードにあらゆる手段でアクセスできるように設計されているので、周りが静寂すぎて不安になることがある私のような小心者も安心して使えます。いずれにせよ、急に話しかけるのはイヤホンをしていようがしていまいが極力ご遠慮いただきたいのですが、そんな事態も慌てずモードチェンジすればいいし、AirPods Proを外せば自動で音楽再生がオフになり、決してiPhoneから大音量で流れ出すなんてこともないので安心して使えます。

安心といえば、音漏れも周囲の何人かにヒアリングしましたが、第2世代までのものと比べるとほとんど気になりません。音量を上げていく途中で耳のほうが限界に達しました。

Engadget
▲さらにBluetooth設定では、イヤーチップ装着状態テストができます。これは、ノイズキャンセリング効果(および低音)が最良の状態で得られるように耳にAirPods Proが装着されているかを判断してくれるというもの。イヤーチップのサイズを選ぶ参考になります。

Engadget
▲テストを開始すると、短い音楽が流れます。

Engadget
▲左側に、意図的にサイズの合わないイヤーチップを着けてテストしてみました。このように黄色く表示されます。

イヤーチップの交換方法

Engadget
▲イヤーチップは3サイズ付属。人によっては左右違うサイズがフィットすることも多いようです。診断テストで最適なものが左右それぞれわかるというわけですね。

Engadget
▲工場出荷時は、真ん中のMサイズが装着されています。なお、ご覧の通り形状は楕円形となっております。

Engadget
▲装着には向きがあるのですが、小さな突起でパチンとハマるため、なんとなく合っていれば問題ありません。

Engadget
▲言葉で表現するのがとても難しいのですが、簡単には取れないんだけど、簡単にくっつくという感じなんですよね。取るときは、思いっきりやっちゃって大丈夫です。つけるときは、なんとな〜くで大丈夫。 Engadget
▲S装着時。

Engadget
▲L装着時。もちろん、どのサイズでも充電ケースにきちんとハマります。

この見たことのないイヤーチップの構造のおかげで、独特なやわらかさを実現しています。交換しやすいだけでなく、耳の中で芯が当たるような感じがなく、自然なフィット感なんですよね。

不思議なほど窮屈さがない

本体の通気システムと新開発のイヤーチップで、AirPods Proはこれまでのノイズキャンセリングイヤホンではあり得ないほど自然な装着感を実現しています。

静寂のなかで奏でられる音楽は、音量を上げなくても音のひとつひとつが耳に届く印象で、これまで何度も聴いてきたお気に入りの曲も新鮮な気持ちでまた楽しむことができました。iPhoneと一緒に使うなら間違いなくベストイヤホンだなと、手にして短時間で確信したのであります。とりあえずポチったという方、どうぞご安心ください(つづく)。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

446シェア
73
373
0

Sponsored Contents