Sponsored Contents

Personal Computingの最新記事

Image credit:
Save

DeepMindのAIゲーマーが『StarCraft II』グランドマスターに。ランキング上位0.2%へ到達

ほぼ人間じゃないレベルの人間にも勝利する実力へ

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年11月1日, 午後04:00 in Personal Computing
49シェア
8
41
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

Google(の親会社Alphabet)傘下のAI開発企業DeepMindが開発する「AlphaStar」が、プロゲーマーが集うStarCraft IIのランキングにおいて、3つ種族すべてで"グランドマスター"レベルに到達しました。グランドマスターとはこのゲームの最上級レベルのプレイヤーが集まるリーグの呼称であり、AlphaStarはランキングの上位0.2%に入っています。

1月にAlphaStarが人間のトッププレイヤー2人に勝利したと報じられたとき、ArsTechnicaなどはその公平性に疑問が残ると評していました。それはゲームにおけるUI、つまりモニターの映像を見て、マウスとキーボードの入力を使って操作するという点で人間に対してAIが優位だということでした。

そこでAlphaStarはStarCraft IIをプレイするに際し、コンピューター側から特別な信号などを受け取るのでなく、モニターを映したカメラ映像で周囲の状況を知るマップ情報も人間同様に制限されるようにしました。さらにマウスやキーボード入力も人間が可能な速度に制限をかけることにしました。そして、そのような条件下でプロゲーマーがStarCraftのトレーニングする様子を模倣し、強化学習に努めました。

また、それまでのAIの学習過程においてDeepMindはAIに勝つ可能性を最大化することを重要視したゲームプレイをさせていました。それだけで全体の上位5%に入れる実力を備えることが出来たものの、さらにそこから上へと踏み入るのにはアルゴリズムを変える必要があると考え、すべてのエージェントが勝利を目指すのでなく、「ここは俺に任せて先へ行け」的な、チームのためなら犠牲になることもいとわない資質を持ったエージェントを加えることにしました。

こうして、Protoss、Terran、およびZergで構成される3種族すべてでAIを鍛え上げていった結果、AlphaStarはすべての種族でグランドマスターに到達、ランキングにおける人間のゲーマーの99.8%に勝てるようになったとのことです。

DeepMindは、AlphaStarのトレーニング速度に関してはまだまだ人間の能力に及ばないとしています。またDeepMindの長期計画では、リアルタイムストラテジーゲームにおける複雑な捜査と状況判断への適用性を他の分野、たとえば自動運転やロボットに活用することを考えており、通常のAIには対処しきれないような異常事態をうまく切り抜けられるAIを目指しています。





「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

49シェア
8
41
0

Sponsored Contents