Sponsored Contents

mobileの最新記事

Image credit:
Save

「災害時、携帯3社で回線の相互開放を」ソフトバンクCTO

台風15号では多くの基地局がダウン

小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2019年11月5日, 午後07:40 in mobile
213シェア
36
177
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

ソフトバンクの宮川潤一CTOは11月5日の決算会見で、災害時などに携帯3社(ドコモ・KDDI・ソフトバンク)でネットワークの相互開放を行う必要があると語りました。

9月に襲来した台風15号では、主に千葉県で停電が長引き、広い範囲で携帯ネットワークが中断。NTTドコモの吉澤社長は「千葉県内にある基地局の半数がダウンした」と語るなど、年々勢力を増す台風への脆弱性が浮き彫りとなっています。

千葉県にある筆者の実家でも、母のドコモ回線がダウン。固定電話も寸断されていたため、父のau回線がなければ数日間音信不通になるところでした。

災害時にネットワークの相互開放が実施された場合、auとソフトバンクの基地局がダウンしても、ドコモの基地局が生きていれば、全キャリアのユーザーが通信できるようになります。

engadget
▲ソフトバンクの宮川潤一CTO

こうしたネットワークの相互開放はヨーロッパなどで行われていますが、日本でも実現すれば、災害時のネットワークの寸断が減少する効果が期待できそうです。





「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: mobile, softbank
213シェア
36
177
0

Sponsored Contents