Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:
Save

iPhoneでマイナンバーの読み取りとログインが可能に

iPhone 7(iOS13.1)以降のFelicaに対応した機種に対応

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2019年11月5日, 午後04:30 in Android
383シェア
88
295
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View


日本政府は11月5日、マイナンバーの個人専用サイト「マイナポータル」において、iPhoneでもマイナンバーカードの読み取りとログインが行えるようになったと発表しました。

マイナポータルは、利用者登録を行うことで、自身の情報を確認できるほか、子育てなどに関する手続の検索やオンライン申請などが行えるポータルサイト。すでにAndroidは対応していましたが、5日からは、iPhone 7(iOS13.1)以降のFeliCaに対応した機種でもマイナンバーカードを読み取れるようになります。

マイナポータルへのログインは、ICチップが埋め込まれたマイナンバーカードが必要で、専用アプリの手順に従い、対応するスマートフォンにマイナンバーカードをかざすことで個人情報の読み取りとログインが行えます。

Mynumber Portal iPhone Login▲iPhoneでマイナポータルを利用する方法

また、マイナポータルの利便性向上を目的として、地方自治体や行政機関、個人情報を扱う事業者を対象に「自己情報取得API」の提供も開始。ここでいう自己情報とは、行政機関等が保有するユーザーの個人情報のこと。例えば世帯や税、予防接種などに関する情報などがそれにあたります。

自治体や事業者が運営するWebサービスやアプリにログインし、マイナンバーカードで自己情報を提供すれば、サービスとマイナポータル間で情報のやり取りが行われ、ユーザー側ではそれ以上の操作をすることなく、スムーズにサービスの利用が始められます。これまでは、マイナポータルと当該サービスにそれぞれログインし、自己情報の検索・ダウンロードとアップロードを手動で行なう手続きが必要でした。

APIの使い方としては、予防接種記録の利用シーンを一例として挙げており、予防接種の際に母子健康手帳アプリに保存した自己情報を利用する際の手続きを減らせるメリットが示されています。
mynaportal




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: android, app, felica, ios, iphone, login, mynumber, portal
383シェア
88
295
0

Sponsored Contents