Sponsored Contents

paymentの最新記事

Image credit:
Save

Alipayに続いてWeChat Payも国際クレジットカード対応したと聞いて試してみた→結果、まだ無理でした

中国二大決済サービスが、ついに国際クレジットカードに対応

ShimoKen, @ShimoKen
2019年11月8日, 午前06:30 in payment
78シェア
12
66
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View
先日の支付宝(Alipay:アリペイ)に続いて、微信(WeChat:ウィーチャット)の決済サービスである微信支付(WeChat Pay:ウィーチャットペイ)も、国際ブランドのクレジットカード(Visa、Mastercard、American Express、Discover Global Network、JCB)からのチャージに対応することをテンセント社が発表。テンセント社はWeChatを提供する大企業です。Engadget 日本版でもニュースとして取り上げられていましたね。実はWeChat Payの方がAlipayよりもやや広く普及しているので、こちらの対応の方が正直嬉しいです。



wechatpay wechatpay
▲WeChat内にあるWeChat Payのページ。ウォレットを開くとセルフチャージが可能になる。しかし、既に登録してあるVISAカードは選択肢には表示されず、新規にクレジットカードを登録しても同じ結果でした

具体的なサービス開始日の記載がなかったので、いきなりチャージを試してみましたが、まだ無理でした......。

wechatpay
▲以前から本人確認用に日本のクレジットカードも登録可能。しかし、これまではチャージなど"お金が動く"ことには使えませんでした

wechatpay
▲WeChat内のミニプログラムのページ。まだそれらしいプログラムは公開されていません

Alipayの場合は外国人枠を分けるために、Tour Passというミニアプリケーションを用意していました。WeChatにもミニプログラムがありますが、WeChat Pay本体で対応するのか、ミニプログラムを別に用意するのか現時点では不明です。

wechatpay wechatpay
▲外国人旅行者を中心に考えているためか、列車チケット購入の専用ページ12306と、配車アプリケーションの滴滴が早々に対応します

なお、サービスが開始されても利用に関しては制限があるようです。当面は店頭での直接支払いのほか、列車チケット購入の専門ページ12306と、中国版Uberの滴滴それぞれのアプリケーション利用時の支払いが可能ということです。AlipayでのTour Passと同様で、一度にチャージできる金額は2000元まで。他のWeChatアカウントへの送金は、マネーロンダリング対策として制限されるためできないとのことです。Alipayのように一定期間使用しなかった場合、チャージしたお金が返金されるかどうかは不明です。

ここに来て急に外国人に開放された中国二大決済サービス。これにより支払い関連の不安は一気になくなったと言えますが、急に方針を変えることも多い中国なので油断大敵です。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

78シェア
12
66
0

Sponsored Contents