Sponsored Contents

e-inkの最新記事

Image credit:
Save

Fossil、E-Inkとアナログ針のスマートウォッチ「Hybrid HR」

Pebbleの息吹を感じる

塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2019年11月8日, 午前11:00 in E-Ink
40シェア
6
34
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View


米FossilはE-Inkディスプレイとアナログ式の時針や分針を搭載した、ハイブリッドスマートウォッチ「Hybrid HR」を発売しました。

Hybrid HRは消費電力の少ないE-Inkディスプレイを搭載することで、2週間以上の駆動時間を実現。また、文字盤の模様をカスタマイズできるだけでなく、通知や通話、歩数やタイムゾーンなどの好きなコンプリケーションを4つまで表示可能です。さらにバックライトを搭載することで、暗い場所でも文字盤の内容を確認できます。

連携スマートフォンはiOSとAndroid OSに両対応。なお、本体で動作するのはWear OSではなく、Fossilの独自ソフトウェアとなっています。

Fossil Hybrid HR

本体背面のセンサーでは、心拍数の読み取りが可能。読み取った生体情報はリアルタイムで文字盤に表示されます。

Hybrid HRの本体ケースのサイズは42mmで、5種類の異なるデザインを用意。本体価格は215ドル〜195ドル(約2万3000円〜2万1000円)で、海外にてすでに販売が開始されています。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Fossil
関連キーワード: e-ink, Fossil, smartwatch
40シェア
6
34
0

Sponsored Contents