Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

王者Apple Watchに猛追、サムスン製スマートウォッチが出荷増

Apple Watchを上回る伸び

Kiyoshi Tane
2019年11月8日, 午後02:00 in Apple
47シェア
9
38
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

大手リサーチ企業Strategy Analyticsは、2019年第3四半期における世界スマートウォッチ出荷台数の推計データを発表しました。Apple Watchがいぜんとして市場の半分近く、業界トップシェアを占めていることが報告されています。

そしてスマートウォッチ全体の出荷量も、前年同期と比べて42%もの増加。全世界におけるウェアラブル機器市場の確かな成長がうかがえるレポートとなっています。

本レポートによると、Apple Watchの販売台数は前年同期(2018年第3四半期)の推定450万台から680万台、およそ51%の伸びが見積もられています。さらにスマートウォッチ全体での市場シェアは、昨年の45%から47.9%に上昇しています。

smartwatch
なお、アップルは競争上の理由によりApple Watchの販売台数は公表していません。そのため今回の数字もすべて推測ということになりますが、アップル公式にもApple Watchを含むウェアラブル部門の収益が増え続けていることは発表されています

Apple Watchの競合他社に関しては、Galaxy Watchシリーズのサムスンが、2019年第3四半期に190万台ものスマートウォッチを出荷し、世界市場シェアは前年の11%から13%にアップ。そして出荷台数は前年同期比73%増加と、Apple Watchを上回る伸びを示しています。

こうしたサムスン製デバイスの成長は「世界第2位のスマートウォッチベンダーとして確固たる地位を確立している」と評されています。

その一方、先日Googleに買収されることを発表したFitbitは、2018年第3四半期の150万台から160万台、わずか7%の増加。フィットネストラッカーの代表的企業だった同社ですが、スマートウォッチ市場が42%も拡大しているなかでシェアも落ちており、曲がり角にさしかかっていたのかもしれません。

Strategy Analyticsいわく、Apple Watchは「世界のスマートウォッチ市場の半分を占めており、依然として業界のリーダー」という事実が確認された形です。とはいえ、上述のGoogleがFitbitを買収する動きや、この分野では新興勢力である中国Xiaomiが低価格・高性能のMi Watchを発表したこともあり、スマートウォッチ市場での競争がますます激化しそうです。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

47シェア
9
38
0

Sponsored Contents