Sponsored Contents

todayの最新記事

Image credit:
Save

2008年11月10日、テキスト入力に特化した小型デジタルメモデバイス「ポメラ DM10」(初代)が発売されました:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、ニュース、記念日など、気になった話題をピックアップ

今日は何の日?
2019年11月10日, 午前05:30 in today
52シェア
6
46
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View
色々と多機能なデバイスは登場していたにも関わらず、あえてデジタルメモに特化するという尖った仕様で話題となり、人気となったのが初代「ポメラ」(DM10)。

この製品が発売されたのが、2008年の今日です。

古くはHP 200LXやモバイルギア、そしてVAIO C1など、本体のわりに大きなキーボードを備えた人気デバイスは数多くありますが、ポメラもそんなデバイスのひとつといえるでしょう。

他のデバイスと大きく異なっている点は、あくまでデジタルメモ用に特化していたこと。画面は4インチ(640×480ドット)と今のスマホよりだいぶ小さいですし、通信機能も印刷機能もありません。そのかわり、17mmピッチのQWERTYキーボードを搭載しているほか、日本語変換にはATOKを採用するなど、メモ機能に関しては妥協しない製品となっていました。

today

重量は約340gと軽く、サイズも折りたたみ時で145×100×30mmとコンパクト。さらに電源はどこでも手に入れられる単4アルカリ乾電池×2本とすることで、ノートPCよりも気軽に持ち歩いて使える機動力が魅力でした。

当時はネットブックの人気に火が付いた直後で、比べてしまうと機能面では大きく見劣りしてしまいます。しかし、メモ以外の機能がないため集中して文章が書ける、という好意的な評価も多くありました。

today

当時の開発者インタビュー記事がEngadgetにありましたので、気になる方はぜひどうぞ。開発の動機やこだわり、仕様の割り切りなどがわかります。

『デジタルメモ「ポメラ」開発者インタビュー』

『デジタルメモ「ポメラ」開発者インタビュー 第二部 仕様編』

11月10日のおもなできごと

2004年、シャープがHDD内蔵ザウルス「SL-C3000」を発売
2008年、キングジムが「ポメラ DM10」を発売
2011年、日本エイサーが国内初のUltrabook「Aspire S3」を発売
2016年、ソニーが4K対応の「PlayStation4 Pro」を発売
2016年、任天堂が「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」を発売
2017年、フューチャーモデルがカード型3Gケータイ「NichePhone-S」を発売
2017年、ドコモauソフトバンクが「Xperia XZ1」を発売




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

52シェア
6
46
0

Sponsored Contents