Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

アップルARヘッドセット、2022年発売?ARメガネは2023年のうわさ

発売を待つうちに老眼が進むユーザーも多そう

Kiyoshi Tane
2019年11月12日, 午後01:00 in apple
30シェア
6
24,"likes":25
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

JOSH EDELSON/AFP via Getty Images

アップルの純正ARヘッドセットは来年発売との予測もありましたが、新たに「2022年までは発売されない」との噂が伝えられています。

有料ニュースメディアThe Informationは、10月にアップル本社のスティーブ・ジョブズ・シアターにて、開発チームメンバーを対象とした社内会議の形で、これまで明かされなかったタイムラインが発表されたと伝えています。

アップルのARおよびVR担当チームを率いるMike Rockwell氏は、その場でARヘッドセットの設計や機能の詳細をプレゼンしたとのこと。そして2022年にARヘッドセット、2023年にはARメガネをリリースする予定だと発言したことが報じられています。

こうしたスケジュールは、各方面が予測した「アップル純正ARヘッドセットは2020年に発売」から大幅な遅れとなるものです。たとえば台湾の電子業界情報誌DigiTimesは「ゲームプラットフォームSteamを運営するValveと共同開発」、アナリストのMing-Chi Kuo氏は「年末から量産に入る」として、ともに2020年発売と述べていました。

アップルは長期的にはこの種のARデバイスがスマートフォンに取って代わると考えており、Rockwell氏は「およそ10年以内にそうなる」と述べたとのことです。

現時点で披露されたARヘッドセットのデザインはOculus Questに似ているものの、「高解像度」(片目8K、両目で16Kとの噂もありました)で「小さなタイプ」の接眼レンズを採用するとのことです。

その一方でARメガネの製品イメージはそれほど確定的ではありません。現在ある試作機は、プロセッサとバッテリーを収納する「分厚いフレーム」を備えた「高価なサングラス」に似ていると伝えられています。

さらにARメガネをかけたユーザーがARを使用しているときに、暗くなるレンズの開発にも取り組んでいるとのこと。着用している人が注意散漫になっていることを周囲に知らせることで、社会的な側面にも配慮しているわけです。

これらの情報を総合すると、まず2022年にアップルのAR技術をサポートするARヘッドセットが発売され、2023年にアップルARメガネが投入される2段階方式とも推測されます。

ハイテク好きからは一刻も早い発売が望まれそうですが、アップルとしては現在iPhoneという収益の軸があるなかで、将来の主力製品を技術的に未成熟なまま急いで市場に出す必要はないのかもしれません。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Via: 9to5Mac
関連キーワード: apple, applerumor, ar, arglasses, arheadset, glass, hmd, vr, VrHeadset, xr
30シェア
6
24,"likes":25
0

Sponsored Contents