Sponsored Contents

paymentの最新記事

Image credit:
Save

深セン電脳街でアリペイの「TourPass」を使いスマホで食事した:山根博士のスマホよもやま話

中国でクレカ感覚で買い物可能、欲しいスマホもすぐ買える

山根博士 (Yasuhiro Yamane), @hkyamane
2019年11月11日, 午後05:00 in payment
61シェア
14
47,"likes":30
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

ここのところ何かと話題になる中国のモバイルペイメント。そもそも中国ではクレジットカードが使えないことが一般的なので、たとえば北京旅行のついでにファーウェイのお店でスマートフォンを買おう、と思っても現金が必要になります。最近はシャオミのお店が海外のクレジットカードに対応しましたが、そのような店はわずか。現金が無い場合はAlipay(アリペイ)かWeChat Pay(ウィーチャットペイ)が必要ですが、外国人には登録の敷居が高く誰でも簡単に使えるものではありませんでした。

ところが11月になってからAlipayが「Tou Pass」サービスを開始。簡単に言えばチャージ式のプリペイドの外国人専用サービス。Alipayアプリの中で動くTou Passアプリ(この手のアプリを「ミニアプリ」といいます)に、海外のクレジットカードから現金をあらかじめチャージしてそれを中国で使うというもの。つまり間接的に海外のクレジットカードが中国で使えるわけです。

atourpass

登録方法の詳細はネットで調べてください。ここでは登録の方法ではなく、実際の使い勝手を現地で試したお話をします。

中国でのQRコードを使ったモバイルペイメントは日本とあまり変わりありません。アプリを立ち上げてQRを読み込み金額を入れてパスワード入力して決済、これが一般的。コンビニなどは日本同様、こちらのQRコードを見せて読み取ってもらいます。このあたりの実例は多くネットに出ていますね。もちろんTour PassはAlipayが使えるところなら普通のお店や屋台などどこでも使えるようです。

またモバイルペイメントの普及と共に、チェーン店のレストランに広がっているのがテーブルオーダー。これは便利なのでぜひ使いたいものです。モバイルペイメントができないと利用できませんからTour Passの登場で日本人でも使えるようになりました。カウンターに並ぶ必要もないし、中国語の会話も不要です(何かしら聞かれたりすることもあるかもしれませんが、基本的には座っているだけでOK)。

ちょうど深センの電脳街に行ったので、地下街のファーストフード系の鍋屋さんに入ってみました。

atourpass

この手のお店は、テーブルの上にQRコードがあります。そのQRコードをAlipayのアプリで読み込みます。するとお店のアプリがAlipay内で起動します(これをミニアプリと言います)。アプリをインストールするのではなく都度起動するので若干時間はかかるものの必要な時だけ使えるメリットがあります。

atourpass

メニューはたいてい中国語。英語に切り替えできないものも一般的。漢字を頼りに進めていきます。メニューが写真付きで出てくるのでわかりやすいです。オプションなどでわかりにくかったら翻訳アプリで翻訳していくといいかなと。この辺り、臨機応変に対応できないと中国滞在を楽しめません。

atourpass

注文を終えて最後に支払い画面で確認とパスワードを入力すると注文終了。とTour Passの残高も減ります。お店での注文が格段に楽に行えるわけです。

atourpass

このミニアプリでの注文&支払いは多くの店が採用しているので、店に入ったらまず席に座ってゆっくり注文できるわけ。地方都市だと夜の遅い時間はレジを閉めていることもあり「現金使えないよ」と言われたこともあります。ちなみにこれはテクノロジーの進化を自慢しているのではなく、単純に防犯のため。中国で現金が使える、使えないの議論がよく巻き起こりますが、お店側としては店員の不正や防犯対策で店に現金を置きたくないのが実情。また小銭の用意も面倒です。

atourpass

マクドナルドやケンタッキーなどのファーストフード店も、注文&支払い端末が増えています。これもTour Passでそのまま使えます。

atourpass

ということで中国で現金不要でお買い物や食事ができるようになるTour Pass。中国メーカーのスマートフォンが好きで現地用に買いたいという人にも便利な存在になるでしょうね。1回当たりの最大チャージは2000元なので、高い端末を買う場合はその場で複数回払えば大丈夫でしょう。

さてこうやって中国のモバイルペイメントの話をすると、「日本のほうが便利」とか「中国も現金で大丈夫」なんて意見も出てくるのですが、「自分が中国に行って、現金が無くても生きていける」ならいいだけのこと。筆者は中国が日本より進んでいるとも思いません。深セン電脳街に行って、スマートフォンケースやケーブルを買うときに小銭がいらない。これだけで「便利」と思うだけです。

そもそもなぜ中国でモバイルペイメントが普及したのか。単純明快です。一番わかりやすのがこれ。地下鉄の自動券売機です。

atourpass

中国で地下鉄に乗るならどうしますか?「切符を買えばいい」のが当たり前でしょう。では券売機で切符を買おうとするとどうなるでしょうか。列に並んで自分の番になって10元札(約160円)で買おうと思ったら、お札は5元札しか入らないと記載されていました。でも隣の券売機を見ると10元と5元と1元札が使えると書いてあります。並んだ券売機は調子が悪いのか5元のみしか使えない、なんてことはよくあります。そしてそんな時に限って自分の手持ちに5元札は無し。こうなると並びなおすしかありません。

では1元札が手元にあるので別の券売機に並び、自分の番でお金を入れてみましょう。「お札を入れる 返金口から入れたお札が出てくる おかしいなと思ってまた入れる また戻ってくる」。これも中国あるあるで、いまさらその程度で「うわー、お札が使えないよ」なんてTwitterでつぶやく気も起きないほど。券売機の精度や調子がそもそも悪いので、自分がお金を持っていたからと言って、切符がすんなり買えるとは限らないのです。これが中国の現状、だからモバイルペイメントにみな走るわけです。

ちなみにスマートフォンで地下鉄に乗れるようにすればいいのでしょうが、コストや政治的な理由があって外国人誰もが使えるようにはなっていません。一方、ICカードはほぼすべての地下鉄で普及しているものの、滞在1日なんて場合は買うのがちょっと面倒&もったいないですね。

なお、現在は上の券売機で運賃を選び、モバイルペイメントを選択すると画面にQRコードが表示され、それをAlipayなどのアプリで読み取って払えば切符(トークン)が出てくるわけです。スマートフォンで直接乗れないものの、キャッシュレスで乗れる点では便利です。

ということでTour Passのサービスが始まってから深セン電脳街に2日連続で行ってきました。スマートフォンの小物は10元20元など安いものが多く、お店で決済する場合はさくっとQRコードでモバイルペイメントで済ませたほうが早いですし、2元のものを買うときに小銭が無くて気まずい思いをすることも無くなります。

今まではWeChat Payの残高を気にしながら使っていたのですが(自分ではチャージできないため、一度誰かに入れて持ってその残高しか使えなかった)、Tour Passがあるとクレジットカードのようにチャージして使えるのでついつい買い物をしてしまいます。2日間で気が付いたら1500元を使ってしまいました。「面白いものがあったので現金無いけどついつい買っちゃった」。中国でそんなことができるようになると楽しいですよ。

atourpass



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: alipay, payment, tourpass
61シェア
14
47,"likes":30
0

Sponsored Contents