Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

iOS 13.3ベータ2でSafariがFIDO2物理セキュリティキー対応。「Lightningポートに挿して認証」可能

物理セキュリティキーもそれなりにお高いですが

Kiyoshi Tane
2019年11月13日, 午後12:40 in Apple
69シェア
9
60,"likes":60
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View

Yubico

アップルは12日(米現地時間)に開発者向けiOS 13.3ベータ2を配信開始しましたが、その中でSafariにNFC、USBおよびLightningのFIDO2規格に準拠したセキュリティキーのサポートが追加されました。
米アップル関連情報サイトMacRumorsによると、この新機能はiOS 13.3のベータ1で有効となっていたもの。それが2つ目の開発者向けベータでは、アップルがリリースノートに詳細を記述しており、公式に認められたかっこうです。以下、リリースの抜粋です。

必要なハードウェア機能を備えたデバイスで、WebAuthn標準を使用して、Safari、SFSafariViewController、ASWebAuthenticationSessionでNFC、USB、Lightning FIDO2準拠のセキュリティキーをサポートするようになりました。


FIDOは「Fast IDentity Online(素早いオンライン認証)」の略語であり、パスワード代わりに指紋や手の静脈などの生態情報、あるいは物理ログインキーを使う認証のしくみです。さらには2要素認証(ID・パスワードを要求するが、それはデバイス内の秘密鍵のロックを外すことに使われ、サーバー側にはパスワードは渡らない)にも使用可能です。

この変更により、Lightningコネクタに挿せるYubiKey 5Ciなどの物理セキュリティキーが、iPhoneのSafariで使えるようになります。YubiKeyはYubicoが8月に発表した製品であり、1PasswordやBitwardenなどのアプリとは互換性があったものの、SafariやChrome、その他の主要ブラウザーでは動作しなかったため使い道は限られていました。

Safariが物理セキュリティキーに対応したことで、確認コードの受信や入力が必要な2要素認証の利用を減らすことが可能となります。セキュリティキーもそう安いものではありませんが(YubiKey 5Ciは米Amazon価格70ドル)Google社内への導入でフィッシング被害がなくなったとの報告もあり、それだけの価値はありそうです。

MacRumorsは、iOS 13.3が数週間のベータテスト期間を経た後に、12月に公式リリースされると予測しています。ただしベータ版にあった新機能が公式版で削除されることも珍しくはなく、本機能も残ることが約束されているわけではありません。


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

69シェア
9
60,"likes":60
0

Sponsored Contents