Sponsored Contents

personal computingの最新記事

Image credit:
Save

Windows 10 November 2019 Update提供開始。ロック画面でAlexaが利用可能に

大きな機能追加はありません

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年11月13日, 午後02:59 in personal computing
70シェア
9
61,"likes":44
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

Microsoftは11月12日(現地時間)、Windows 10 November 2019 Update(バージョン1909)の提供を開始しました。これまで、Insider PreviewのSlow Ringで19H2として提供されていたものになります。

アップデートは「設定 > 更新とセキュリティ > 更新プログラムのチェック」から確認可能。互換性に問題がある可能性がある場合には、アップデートは表示されません。

Windows 10 Update

Microsoftは年に2回、春と秋にWindows 10の機能アップデートを提供しており、1909は2019年秋分にあたるもの。ただし、May 2019(バージョン1903)やOctober 2018(バージョン1809)ほどには大きな更新はありません。

Windows 10 EnterpriseとEducationは、秋アップデートのみリリースから30か月間サポート(春アップデートは18か月)されるため、1909(19H2)のリリースはこれらのエディションを使うユーザー向けのサービスリリースという意味合いが強そうです。なお、新機能を含む大型更新は、20H1として、Insider PreviewのFast Ringでテストが行われています。

とはいえ、まったく新機能がないわけでもなく、いくつかの機能が追加されています。タスクバーのカレンダーから、直接予定の追加が可能になったほか、比較的大きな変更としては、ロック画面でサードパーティの音声アシスタントが利用可能となりました。


すでにAlexaが対応しており、ロック画面でもハンズフリーで利用可能です。ただし、ロック画面をEcho Showなどのスマートディスプレイ的に使えるわけではなく、応答は音声のみとなります。

Windows 10 Update

なお、バージョン1909のリリースに合わせ、Windows 10 ProやHomeでのバージョン1803のサポートが終了となります。まだバージョン1809にアップデートしていない場合には、早急にアップデートを実施したほうが良さそうです。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

70シェア
9
61,"likes":44
0

Sponsored Contents