Sponsored Contents

huaweiの最新記事

Image credit:
Save

Mate 30は日本で発売されるなら5G対応版。呉波氏がファーウェイの今後について言及

Googleのサービスも引続き提供していく

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2019年11月15日, 午前11:00 in huawei
42シェア
5
37,"likes":36
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View


ファーウェイの日本法人は11月14日、スマートフォン「HUAWEI nova 5T」、ウェアラブルデバイス「HUAWEI WATCH GT 2」「HUAWEI Band 4」、ワイヤレスイヤホン「HUAWEI FreeBuds 3」を順次発売すると発表しました。

同日の新製品発表後に行われたグループインタビューでは、OSに対する考え方や、Mate 30シリーズなどについて、ファーウェイの日本法人でデバイス部門のプレジデントを務める呉波氏から語られたので、ここではその模様をお届けします。


Googleのサービスは引続き提供していく

ファーウェイは、今年5月に米商務省のエンティティーリスト(米国企業が政府の許可なしに取引が禁じられているブラックリスト)に追加されたことで、新製品にGoogle Playストアを含む各種Googleサービスを搭載できなくなり、事業や製品の先行きが日本でも懸念されていました。

そして、9月にドイツで発表されたスマートフォン「Mate 30」シリーズにおいても、米国からの禁輸措置の影響により、Google PlayやGoogleのサービスには非対応となりました。

HUAWEI 2019 Win Interview Goha▲HUAWEI nova 5TはGoogleのサービスに対応

そんな状況がありながらも、ファーウェイの日本法人が14日に発表したスマートフォンHUAWEI nova 5Tは、Android OSを搭載し、Google PlayやGoogleのサービスに対応します。

この理由について、呉波氏は「HUAWEI nova 5Tは、米商務省のエンティティーリストに追加されるよりも前にグローバルで発売していたため」と回答しています。

HUAWEI 2019 Win Interview Goha▲製品のアップデートは継続的に行う

また、今後、日本市場に投入していく製品については、「これまでと変わらず、優先してAndroid OSを搭載していく。過去に発売した製品についても継続してGoogleのサービスを提供していく。2年前の旧製品であるMate 10 Proもアップデートの対象」と説明しました。

OS関連では、ファーウェイ独自の「Harmony OS」がグローバルで発表されていますが、呉波氏はこれについても改めて説明しました。

「Harmony OSは、決してAndroid OSやiOSに取って代わる存在ではなく、将来を見据えたもの。マイクロカーネルをベースとしたOSで、今後はウォッチやイヤホン、スマートスピーカーなどに搭載していく」(呉波氏)

HMSについても注力

発表会とグループインタビューでは、独自のアプリストアを含む「HUAWEI Mobile Service(HMS)」についてもアピールしました。

HMSは、開発者が全世界の170か国・地域にアプリを提供できるサービス。呉波氏によると、HMSを通じて開発されたアプリのダウンロード数が3か月間で300万を超えているとのこと。

HUAWEI 2019 Win Interview Goha

また、「HMSを使うことで、より多くの人にアプリを配信できる」とアピールします。ファーウェイは、HMSに参画する開発者を集めるべく、すでに、スペイン、ポルトガル、マレーシア、シンガポール、アラブ首長国連邦などの地域で開催された開発者会議を今年12月に日本国内でも開催します。

呉波氏は、「日本には非常に多くの優秀な開発者が多くいる。日本語によるサポートを強化していく」と述べました。

Mate 30は5G製品の投入を検討

日本でも例年秋冬にMateシリーズが発売されており、Mate 30シリーズについてもキャリアやSIMフリー版の発売が期待されています。

HUAWEI 2019 Win Interview Goha▲Mate 30(グローバル製品)

これに対し呉波氏は、「Mate 30シリーズについては5Gに対応する製品として、日本国内での発売を検討しております。ただし、標準モデル(4G)に関しては発売する計画はありません」と説明。5Gの商用サービスが開始されるタイミングでの投入を検討していることを明かしました。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

42シェア
5
37,"likes":36
0

Sponsored Contents