Sponsored Contents

ASUSの最新記事

Image credit:
Save

ゲーミングスマホ「ROG Phone II」10万5500円で11月22日発売、1万4000円お得なアクセサリセットも展開

カメラも妥協はありません

田沢梓門, @samebbq
2019年11月20日, 午後01:00 in Asus
209シェア
7
202,"likes":213
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View

ASUS JAPANは11月22日にゲーミングスマホ「ROG Phone II」を発売します。価格は1TBモデルが税別12万5500円、512GBモデルが税別10万5500円です。11月20日から予約開始します。

SoCには「Snapdragon 855 Plus」を採用し、メモリ(RAM)はなんと容量12GB。バッテリー容量は6000mAhで、フル充電状態ならばバトルロワイヤルゲーム「PUBG Mobile」を7.1時間プレイできるとのこと。ちなみに事前説明会時に比較として紹介された端末の駆動時間は、「OnePlus 7 Pro」が4.7時間、「Galaxy S10+」が5.1時間でした。

ホーム画面の中央下部からアクセスできる「Game Center」では、ファンやメモリなどゲームに関わるパフォーマンスの設定が可能。メモリを開放してゲーム処理に特化する「Xモード」に切り替えることができます。

ディスプレイのリフレッシュレートは前モデルでは最高90Hzでしたが、ROG Phone IIでは120Hzまで設定可能に。索敵がゲームの勝敗に直結するFPSゲームや高グラフィックスなレースゲームなどでもなめらかな描画に期待できます。メインカメラはASUSの最新スマホ「ZenFone 6」と同じ4800万画素+1300万画素のデュアル仕様です。

Engadget

前モデルに引き続き、快適なプレーをサポートする専用アクセサリもラインアップされています。

Engadget
「ROG Kunai Core Gamepad」(税別8980円)は、端末の両サイドにコントローラーを接続して「Nintendo Switchの携帯モード」っぽいポジションでプレイできます。

Engadget
スクリーン拡張ユニット「TwinView Dock II」(税別2万6800円)は、ROG Phone IIと同じ6.59型ディスプレイが登載されており、デュアルスクリーン化できます。


Engadget
このTwinView Dock IIは、ROG Kunai Gamepadを装着したままでも2画面化できます。ROG Kunai Gamepad+TwinView Dock IIの組み合わせならば画面と画面の距離が近く、操作性も担保されているので、ながらプレイに最適です。まだ数は少ないですが2画面表示対応のゲームタイトルが増えればこの視認性と操作性が猛威を奮うこと必至でしょう。

通常で購入するよりも1万4000円お得なROG Kunai Core GamepadとTwinView Dock IIのセットも数量限定で用意されています。1TBモデルのセットは税別14万7280円、512GBモデルのセットは税別12万7280円です。


Engadget
専用の保護ケース「ROG Phone II Lighting Armor Case」(税別4980円)は、装着することでケース本体のLEDが光ります。

Engadgetオンライストアと赤坂の直営店で販売される「ROG Phone Bag」(税別4580円)は、ROG Phone IIと周辺機器を一緒に入れて持ち運べるバッグです。正面とチャックの持ち手部分にROGロゴが入っています。

■関連リンク
ROG Phone II製品サイト




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

209シェア
7
202,"likes":213
0

Sponsored Contents